So-net無料ブログ作成
検索選択

日本郵政も海外子会社の減損検討? マスコミが報道しない理由? [日本の習慣]



スポンサードリンク








日本郵政が減損処理を検討しているのは、オーストラリアに本社を置く物流会社「トール・ホールディングス」。
しかし、東芝のような騒ぎにはならないであろう・・・何故なら余り日本郵政の都合の悪い事項に踏み込むとNHKの景山解説委員のように消されることを日本のマスコミ・ジャーナリスト達は知っているからです。




◆日本郵政が2015年に買収した豪物流会社の減損処理を検討 (日経ビジネス様)


数千億円規模の巨額損失が出る見込みで、株式上場したばかりの郵政グループの成長戦略は岐路に立たされる。


ここ数年、日本企業の海外M&Aが相次いだが、米原発子会社の損失に苦しむ東芝に続き、買収戦略の失敗が表面化する。





スポンサードリンク








◆トール・ホールディングス社の巨額損失




日本郵政は2015年、6200億円を投じて同社を買収した。


企業買収の際は、買収価格と買収先の純資産の差を「のれん代」として計上する必要がある。トールののれん代は2016年末で4000億円近く残っている。




影山日出氏(NHK解説委員)は『りそな銀行の秘密』を知り過ぎて殺された?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-25-1



日本郵政は毎年、段階的にのれん代を償却処理していく計画だった。しかし、トールとの事業上の相乗効果が生まれず、資源価格の下落によってオーストラリアの景気が低迷するなどしたため、トールが当初計画通りの利益を出せない状況になっていた。





スポンサードリンク










◆不審点だらけのの景山解説委員の自殺説



りそなやこの日本郵政の陰の部分に踏み込んでしまったのが、痴漢の元早稲田大学教授と殺されたNHKの景解説委員なのです。

当時の小泉首相と平蔵によって金融ユダヤの言い成りになった不正の数々・・・景山氏の自殺説には多くの疑問点が残されていますが・・・NHKに斬られた景山解説委員です。

(自殺説の不審点)


1. 個室トレイのフックにネクタイをかけて首を吊った・・・ドアの内側にあるフック・・・無理ですよね。

ネクタイを掛けて首を吊ろうとしても足が床につく可能性が大!もっとも、足に力が入らない状態であれば実行可能・・・。



2. 中川一郎氏もホテルのドアノブにヒモを引っかけて自殺・・・同様方式。


3.遺書らしきものが2通、デスクの上に走り書きで置かれていた・・・覚悟の遺書なら・・・走り書きはないでしょうね・・・電話口でもメモ・・・無理やり遺書にしたのか?


4. NHK解説委員主幹だった長谷川浩氏も自殺・変死したが、「911テロ」の解説で、WTCビルの犠牲者の中に、ユダヤ系企業社員が含まれていなかったことを暴露した後のことだったのです。


5. 「週間ポスト」で鈴木宗男氏が 『官房機密費マスコミ汚染問題』で重大証言!・・・最近、鈴木先生が自民党と急接近しているのも・・・。



大阪地裁で 「内閣官房機密費情報公開請求」訴訟で現職の内閣官房千代幹也総務官が証人として出廷!「使途などの公開はあり得ないこと。


と鈴木氏が週刊ポストに流した情報の信憑性を否定したのです・・・情報を公開すると本当の意味での情報収集活動ができなくなり、国益が害される」と証言したのです。


情報を意図的に鈴木氏から流された・・・ということが言えないでしょうか?


熊本地震の震源が同一域内【自衛隊の敷地?】や原因不明の1200回を超える地震の真相は誰も口にしないわけです。



熊本地震の背景を暴露すると『植草一秀氏』のように『痴漢』にされる?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-28-1


【熊本も大分も震源域に自衛隊駐屯地】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-29


民主主義国家・・・これは表向きの話なのです。ドロドロの裏社会と表裏一体・・・これが現実でしょう・・・日本の・・・世界の?


kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。