So-net無料ブログ作成

黄砂が近くまで来ています? アレルギーの方ご注意! [気象]

花粉症・紫外線・黄砂・PM2.5・・・とまいろいろ有害物質ありますね?
一時、横浜に住んでいたのですが・・・黄砂の時期になると・・・車はザラザラ・・・塗装にも浸透するので毎週洗車・・・。


これが人間の呼吸と共に体内に入ると思うとゾッとしたものです。アレルギー等に敏感な方も多く・・・注意が必要ですね?




スポンサードリンク









◆今年は出遅れの黄砂


例年3月末までには国内で初観測する黄砂が、今年は15日現在、国内59地点の全ての観測地点で観測されていない。


1967年の統計開始以来、国内で初観測が最も遅かった72年の4月16日の記録に並ぶのはほぼ確実で、気象庁が本格的に飛来を予測する18日まで記録は伸びそうだ。




スポンサードリンク









◆黄砂とは?



黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠など中国大陸の乾燥地帯で舞い上がった砂が、上空の風で運ばれてくる現象。
中国が悪いわけではありません・・・中国方面から飛んでくるだけです。






スポンサードリンク









◆黄砂が接近・気象庁




黄砂.jpg



気象庁によると、中国、モンゴルの観測所では今年3月ごろから、砂やちりが激しく吹き上げられ、上空に舞い上がる「砂塵嵐(さじんあらし)」は何度か観測されている。日本に到来していない理由については、担当者は「大気の流れが、砂塵嵐の発生地から日本に向かっていなかったため」と説明する。


気象庁は、「大陸では、強風などで砂が舞い上がりやすい状態が予測される」として、4月18日午後9時には福井県付近までの西日本に飛来すると予想している。


月ごとの黄砂観測日数の平年値(全国59地点の統計)は、3月が6・9日、4月が9・0日、5月が4・1日。年間では24・2日で、3~5月に約8割が集中している。


福井での観測では、50年間で最も遅い初観測は2014年の5月28日。これまでに観測された日の合計は、3月が計43日、4月が計84日、5月が計35日で、3~5月で92%を占めている。



花粉も絶好調ですが・・・黄砂がこれからだそうですよ?


kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました