So-net無料ブログ作成
検索選択

タモリも祇園がユダヤ人の街だったことは知らないだろう? [日本の習慣]



スポンサードリンク








地震警告番組のブラタモリが今、京都を訪問していますが・・・祇園と言うのは実はユダヤのシオン・・・更に八坂神社はヘブライ語のヤッサカ・・・。日本人には聞きなれた地名ですが・・・太秦=ウズマサも含めて不思議な都市・・・・それが京都なのです。



ブラタモリ(NHK)は国民への『警告用番組』? 今週の警告の意味は?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2017-03-03-1






スポンサードリンク







◆京都の八坂神社


日本三大祭のひとつ、祇園祭の主管神社ということになります。



日本三大祭は江戸の神田祭と大阪の天神祭です。

全国に八坂神社はありますが、その総本山でもあります。


さてその八坂神社の表音は表題のように「やさか」といいます。


この「やさか」というのは、弥栄と書いて「いやさか」と読むことばに起因しますと表向きはいわれtています。


いやさかというのは「ますますの繁栄」というヘブライ語で、古来、私たちが祝杯をあげるとき、「乾杯」と掛け声をかけますね。


面白いのは「やっさか」。ユダヤ語にヤッサカとかヤッサといった感じの、神を意味することばが転じたもので、八坂神社そのものはユダヤ神であると言われているのです。


ユダヤ語と日本語はけっこう同じ表音で、同じ意味をいう類似点が多く、英語でいうYOU(ゆー)、つまりあなたを意味することばに「あんた」と表音しますが、ユダヤ語でもあなたを「アンタ」というそうで、日本の天皇はユダヤ人と言い切る人もいます。



京都・・・東の京都で・・・東京都・・・まあどうでも良いのですが、最近、あちこちの祭り・・・担い手が減って開催そのものが危ぶまれているそうです。


京都の祇園祭りもその一つらしいですが・・・この京都には日本古代のいろいろな秘密が隠されており、祇園(ギオン)祭りもその一つと言われています。


日本でも有名な『祇園祭り』の時に出る『山車』後ろ側に・・・日本にはいない『ラクダ』や『アラブ人』等の絵画が絵が描かれているのです。何故なんでしょうね? 日本の祭りにラクダや中東人の絵?





スポンサードリンク







◆八坂神社のお祭り


結構面白いと勝手に思っていますが・・・手短にまとめてみました。
この『八坂』という語源ですが・・・ヘブライ語の『ヤッサカ』と言われています。『ヤッサカ』は、ヘブライ語で『神よっ』・・・と問いかける・囁きかける言葉なのです。


祇園という名称も不思議ですが、これも本来は『シオン』からのものと言われています。


シオンとは、ダビデの支配下に入ったエブス人の町として登場する地名だが、神殿の丘の別名となり、のちにエルサレム全体、さらにイスラエルの地全体への形容詞ともなった。シオンの丘というものも存在し、シオニズムの語源となった地名である。(wiki)


要は日本の八坂神社は、祖をはなれたユダ人達が作った『神殿』なわけですね。



◆徳島の阿波踊りにも・・・歓喜の舞い


京都には、またまた奇名がありますね。

太秦(うずまさ)と呼ばれていますが、東映の撮影所がある場所としても有名ですが、これもユダ人の日本到着の痕跡を探る上で非常に貴重な証拠となっているのです。


シルクロードから中国に入ったユダヤ人・・・中国で『秦』を名乗り・・・『景教』に化けてユダヤ教の痕跡を歴史から隠したわけです。


秦は、『シン』とも読みますが、『始皇帝』そのものが・・・とまで言われており、始皇帝が行った『焚書坑儒』もユダヤの秘密・痕跡を隠すために行ったと言われているのです。


ユダヤ人が日本で作った町が『太秦』・・・太いという漢字は、『大』に『てん』・・・京都の『大文字焼き』等の儀式も全てこのユダヤの神を称える祭りの一つだったわけです。


徳島の阿波踊り・・・あの手を無造作に上げた・・・これも・・・ユダヤに伝わる『歓喜の舞い』がその発祥と言われておりますが、徳島には、剣山という山がありますが、この山にお神輿を担ぎ上げるお祭りもあります。この日は、あのノアが洪水から逃れてアララタ山に無事到着した日とも言われています。



古代史・・・日本人のルーツは、京都と徳島に隠されているのです。



kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。