So-net無料ブログ作成

チベットの鳥葬から『死』を考えてみる・他界を繰り返す輪廻が基本? [日本の習慣]



スポンサードリンク








仏教の世界で有名な教えの一つが『輪廻転生』、即ち、人間は生まれ変わることを繰り返す・・・と言う教えです。この仏教の教えを守りチベット仏教にて行われるのが『鳥葬儀』です。


死者をハゲタカに与えることにより・・・ハゲタカの空腹を満たし、他の生物の命を救う・・・と言う・・・仏教の教えに準じている儀式と言われています。


人間の死は・・・他界・・・でありますが、不思議なことにキリスト圏でも英語で DEPATURE とp空港でも使っている『旅たち・出発』と言う表現を使用しているのです。



仏教もキリスト教も死は他界・DEPARTURE と捉えているところも興味深いですね?





スポンサードリンク









◆チベットの鳥葬 (WIKI様)




チベット仏教にて行われるのが有名である。またパールスィーと呼ばれるインドのゾロアスター教徒も鳥葬を行う。


国や地域によっては、法律などにより違法行為となる。日本では、鳥葬の習慣はないが、もし行った場合刑法190条の死体損壊罪に抵触する恐れがある。


チベットの鳥葬はムスタンの数百年後に始まったと考えられ、現在も続いている。



鳥葬儀.jpg




チベットの葬儀は5種類あるとされる。


すなわち塔葬・火葬・鳥葬・水葬・土葬である。このうち塔葬はダライ・ラマやパンチェン・ラマなどの活仏に対して行われる方法であり、一般人は残りの4つの方法が採られる。


チベット高地に住むチベット人にとって、最も一般的な方法が鳥葬である。


葬儀に相当する儀式により、魂が解放された後の肉体はチベット人にとっては肉の抜け殻に過ぎない。


その死体を郊外の荒地に設置された鳥葬台に運ぶ。それを裁断し断片化してハゲワシなどの鳥類に食べさせる。


これは、死体を断片化する事で血の臭いを漂わせ、鳥類が食べやすいようにし、骨などの食べ残しがないようにするために行うものである。



宗教上は、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎない。


日本では鳥葬という訳語が採用されているが、中国語では天葬などと呼ぶ。また、多くの生命を奪ってそれを食べることによって生きてきた人間が、せめて死後の魂が抜け出た肉体を、他の生命のために布施しようという思想もある。


死体の処理は、鳥葬を執り行う専門の職人が行い、骨も石で細かく砕いて鳥に食べさせ、あとにはほとんど何も残らない。ただし、地域によっては解体・断片化をほとんど行わないため、骨が残される場合もある。その場合は骨は決まった場所に放置される。職人を充分雇えない貧しい人達で大きな川が近くにある場合は水葬を行う。水葬もそのまま死体を川に流すのではなく、体を切断したうえで実施される。


鳥葬はチベット仏教の伝播している地域で広く行われ、中国のチベット文化圏だけでなくブータン・ネパール北部・インドのチベット文化圏の一部・モンゴルのごく一部でも行われる。ただ、他の国のチベット人には別の葬儀方法が広まりつつある。




スポンサードリンク










◆転生輪廻(てんしょうりんね) (WIKI様)


転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言う。


ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想において顕著だが、古代のエジプトやギリシャ(オルペウス教、ピタゴラス教団、プラトン)など世界の各地に見られる。輪廻転生観が存在しないイスラム教においても、アラウィー派やドゥルーズ派等は輪廻転生の考え方を持つ。



「輪廻」と「転生」の二つの概念は重なるところも多く、「輪廻転生」の一語で語られる場合も多い。この世に帰ってくる形態の範囲の違いによって使い分けられることが多く、輪廻は動物などの形で転生する場合も含み(六道など)、転生の一語のみの用法は人間の形に限った輪廻転生(スピリティズム、神智学など)を指すニュアンスで使われることが多いといえる。


三島由紀夫の「豊饒の海」はこの「輪廻転生」をベースにした秀作である。




他界という言葉の深い意味を考えたことありますか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-03-17-2



平幹二朗さん急死・ホモで有名だか宇宙観が全く異次元の真の芸術家達?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-24-2



kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました