So-net無料ブログ作成
検索選択

三億円事件は二・二六事件同様国家が真実を隠蔽した三つの理由? [日本の習慣]



スポンサードリンク








お陰様と言うか下記・・・歴史の真実が結構興味を持って頂いたようでアクセスに感謝いたします。


しかし、二・二六事件の背景にあった皇室内部の確執・・・これは事実です。表にし出せない真実というものはあるのです。



二・二六事件の真相は日本のタブー? 99%の国民は知ってはいけない歴史の真実。http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22



三億円事件も警察組織の隠蔽工作だらけだったのですが、真実は公開されませんでした。


報道されるニュースだけを信じていては真実は見ることは出来ないという証明ですね。


今回は、その三億円事件に関わる一旦をご紹介しておきます。
大方の話は省略し、ポイントだけを記載させて頂きます。














◆三億円事件の真相・顛末


この事件はさまざまな憶測が呼び、多くの人が事件について語っている。
その中でも有名な説が3つるが。一番可能性が高いのが、犯人は、


【隠匿した理由ー1】現職「白バイ警官の息子」だった。


当時の捜査一課、「鬼の八兵衛」こと平塚八兵衛刑事がこの事件の捜査主任であったが、目星をつけていたS少年の父親に何度も事情聴取していたものの拉致があかず、行方をくらませたS少年を別件で確保するため張り込みを続けていた。


そして、S少年が帰宅したことを確認するが、父親と口論によるケンカし始めたため、様子をうかがっていたが、声が聞こえなくなったので自宅を訪ねるとS少年が亡くなっていた。


【隠匿した理由ー2】S少年からは青酸カリが検出されており、父親の犯行も可能性も浮上した。


しかし、八兵衛刑事は自殺と断定し、「S少年は犯人ではない」と事件を闇に葬ったとされている。


証拠隠滅による罪になるが、当時はまだ桜田門の警視庁旧庁舎で、昔ながらの警察体質がまだ残っていたと考えられる。




スポンサードリンク








◆何故、警察は1年半前に死亡した男の写真をモンタージュ写真として公開したのか?



見覚えのある写真ですが、この人・・・事件の1年以上前に死亡していたのです・・・。



三億-1.jpg


2三億-.JPG



すでに死亡していたT.M(田中引道)に似ていた、事件の1年半前に死亡していた全く無関係のS.I さんの写真を盗用したのであった。


当時最有力容疑者と目星をつけていた少年s(警察官の息子)が死亡していたのだら捜査は半ば無意味であったが、世間を騙す為に無関係のモンタージュほ公開して捜査に意欲のあるポーズを取ったのであろう。
当時の社会風潮の異常な解決への熱気への警視庁の焦りが異常な行動を誘引したのである。




◆公表されなかったゲイボーイの証言


以下K・・・立川グループではないが、少年Sと交際があったゲイボーイ。事件当時は30歳前後。


【隠匿した理由ー3】少年Sはゲイボーイだった


Sの親族を除き、Sの事件当日に関する証言をした唯一の人物。


Kの証言は少年Sは事件2 - 3日前から事件前日に自宅の新宿のマンションで一緒に夜を過ごし、明るくなった朝8時頃に自宅を出るのを見送ったと証言した。
犯人=少年Sはホモだったのである。


ただし、朝8時というのは時計を見ていたわけでなく冬における外の明るさで判断としており、雨が降っていたが傘やレインコートを貸した記憶がなかったなど、曖昧な点があった。


また、Kの証言では初めてSと会ったのは事件の20日前なのに夏(少なくとも4か月程度前)に一緒に旅行に行った時に撮影された少年Sの写真を飾っていたことなど不可解な点があった。


さらに事件1年後に、外国に移住して、ゲイバーを開店したり、再び日本に戻った時には日本では自宅マンションや2軒目のマンションを購入したり、事件7年後には実家に豪邸を建てたりなど、金回りがよくなっていた。


もしKがSと共犯であれば、Sが鑑別所にいる間の脅迫書を出すこと、事件関連の30代の男に関する目撃証言や電話の声の証言、第4現場の盗難車に残されていた女性物のイヤリングにもつながる。


警察は捜査を進めるも、Kを「シロ」と断定した。Kは急に金回りがよくなった点について「外国のパトロンがついた」と述べている。


ゲイのKが逮捕されたら同伴者少年Sの存在も明るみら出てしまいますよね・・・ましてや警察官の息子がゲイであったことも・・・これももみ消したのでしょうね。



これが3億円事件の真相ではないでしょうか?


二・二十六事件と同様・・・真実をもみ消した典型的事件だったと言えるのではないでしょうか?



これが世間の実態なのです・・・新聞の隅から隅まで読んでいても『真実』には辿りつけないということの証ですネ。



kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました