So-net無料ブログ作成

大韓航空機爆破犯の金賢姫が金正男氏の次のターゲットを警告した? [国際情勢]



スポンサードリンク







◆金 賢姫(キム・ヒョンヒ)とは?


1962年1月27日 - )は、大韓航空機爆破事件(1987年)を実行した北朝鮮の元工作員。元死刑囚(後に特赦)。



よんひ.jpg



実行犯は北朝鮮工作員の金賢姫(当時25歳)と金勝一(当時59歳)であった。


2人は10月7日に金正日の「ソウルオリンピックの韓国単独開催と参加申請妨害のため大韓航空機を爆破せよ」との親筆指令に従いテロ行為に及んだもので、父娘であると偽りテロ実行のために旅行していた。


韓国当局の取調べによれば、2人は11月12日に任務遂行を宣誓し、ソ連の首都モスクワへ朝鮮民航(現:高麗航空)で北朝鮮政府関係者2名とともに向かい、そこでアエロフロート便に乗り換え当時社会主義国家だったハンガリーに11月13日に北朝鮮のパスポートで入国した。


そこで6日間滞在した後にハンガリーから隣国オーストリアに11月18日に陸路入国した。ハンガリーへの2人の入国はハンガリー政府も公式に認めている。


この時まで金賢姫は別人名義の北朝鮮旅券を使い金勝一は北朝鮮外交官旅券を使っていたが、オーストリア国内で日本の偽造旅券を使い始めた。6日間滞在したあとウィーンから11月23日発のオーストリア航空621便でユーゴスラビアのベオグラードに移動して5日間滞在した。2人はベオグラードの北朝鮮工作員のアジトで爆発物を受け取ったとされる[1]。














◆次の暗殺ターゲットを告示した金賢姫(中央日報様)



韓航空機爆破犯の金賢姫元死刑囚「金正男氏の次のターゲットは脱北者と韓国の主要政治家」と告白した


大韓航空機爆破犯の金賢姫元死刑囚「金正男氏の次のターゲットは脱北者と韓国の主要政治家」


金賢姫氏は23日、読売新聞の書面インタビューで、「金正男氏殺害を通じて『(金日成主席の血を引く)白頭(ペクドゥ)血統は殺さない』という原則が崩れた」とし、このように述べた。

金賢姫氏は「金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の統治を阻害する勢力、命令と指示に従わず不平をいう人物、反旗を翻す脱北者、韓国主要政治家などが次のターゲットになる可能性が高い」と主張した。

また金賢姫氏は今回の事件について、処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏を通じて作られた金正男氏の資金と関係があると分析した。

金賢姫氏は「今回の事件で2013年に張成沢氏が処刑された理由が明らかになったようだ」とし「金正男氏は張成沢氏から受けた資金の一部を返還しろという要求を受けたが、これに応じず殺害されたのだろう」と推定した。




スポンサードリンク







kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました