So-net無料ブログ作成
検索選択

百条委員会でも喋れない石原前都知事最大の弱点とは? [国際情勢]



スポンサードリンク








日本の闇が凝縮されている東京都・・・闇の部分が明らかにされるかというと極めて疑問ですね。


この東京都の豊洲問題の背後にはカジノ利権問題があると兼ねてより指摘してきていますが、パチンコ業界を中心とする朝鮮系と米国ユダヤ系の戦いに日本人政治家が絡み・・・全容解明なんて・・・まず無いでしよう。



◆石原氏が豹変する理由

少し前に石原家のインターホンを押して逃げるという事件がありましたが、朝鮮系の脅迫であった可能性大だと言えます。


石原氏は、『発言の約束の都度』・・・朝鮮系からの脅迫を受け・・・毎度の撤回・・・挙句の果てに裏組織に顔の効く橋下元大阪知事に頼み込む次第・・・。



東京都をユダヤの為に解放したい小池知事・・・対する朝鮮系に利権を渡したい自民党・・・そして馬鹿な息子の為に朝鮮系に脅迫れいる石原前都知事という構図でしょう。




石原前都知事の小池都知事への回答は、脅迫に負け一転『知らない』?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-14-1


石原氏は口封じに動いた裏組織に怯えている? 一転ヒアリングを拒否?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-06-1














◆自民党 石原宏高議員が風俗から接待 (朝日新聞デジタル様)


自民党の石原宏高衆院議員(48)=東京3区=側が昨年12月の衆院選で、大手遊技機メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」(UE社)に支援を要請し、同社社員に選挙運動をさせていたことが分かった。



二人.jpg



同社側は社員3人を派遣して給与も支払い、その法的問題を弁護士から今年2月に指摘されたことを認めた。石原議員は、朝日新聞の取材に「お答えできません」と述べた。今後、公職選挙法違反(運動員買収)に問われる可能性が出てきた。





スポンサードリンク








◆石原宏高氏の在日朝鮮利権と父・慎太郎氏側のユダヤの逆鱗


自民党の石原宏高は、父である石原慎太郎とその同志である橋下徹らが推進するカジノ政策を容認し、その見返りとして、日本でのカジノ経営を目指す、在日朝鮮人系、岡田和生氏が経営するユニバーサル・エンターティメント社から、多額の現金や選挙運動員の応援を受けていた。


昨年の石原宏高が当選した衆議院議員選挙は、カジノ会社丸抱えの「カジノ利権選挙」であった。


それにしてもなぜ、これからカジノ構想を進めるというこの大切な時期に、この問題が明らかにされたのだろうか?


当然、いつものことで、朝鮮系利権を潰す目的で米国系ユダヤが情報を流したでしょう。


それにしても父・石原慎太郎氏は米国ユダヤ系・・・息子はその米国の下部組織である朝鮮系・・・よく分かりませんね? こ辺の相関図?


思い当る関連情報は以下のものだ。


カジノ・娯楽関連企業であるユニバーサルエンターテインメント(旧社名アルゼ、ジャスダック上場、以下UE社)の岡田和生会長は、米国時間2月21日(日本時間:2月22日)に、UE社の持分法適用関連会社である米国ウィン・リゾーツ社(ウィン社NASDAQ公開)の取締役の地位を辞任した。


UE社とウィン社は同一グループ企業としてカジノ企業を推進してきたが、最近はUE社と、ウィン社や同社のスティーブ・ウィン取締役との対立が激化、訴訟合戦という様相を呈している。


昨年2月には、ウィン社が「UE社とその子会社アルゼUSA、及びUE社の岡田和生会長が、フィリピンで推進中のカジノ事業において、米国腐敗防止法に抵触する不正行為を行ったことが明らかになった」と発表、米国カジノ監督機関に提訴した。岡田会長は腐敗防止法抵触を否定したが、両社の提訴合戦の様相を呈するに至った。

一方、UE社は12月13日に、「米国ウィン社と係争中であるが、2012年2月にウィン・リゾーツ社が同社ホームページ上に掲載したプレスリリースによって、フィリピンにおけるUE社の100%子会社であるタイガーリゾーツ、レジャー&エンターテインメント(タイガーリゾーツ)が名誉毀損等の損害を被ったため、タイガーリゾーツが告訴人となり、ウィン・リゾーツ社取締役会長であるスティーブ・ウィン氏を、フィリピン司法省パラニャーケ市検察庁に、フィリピン刑法第353 条による複数の名誉毀損罪により刑事告訴した」と発表した。その後も、両者の対立は一段と激化している。


そして、岡田会長、2月21日に米国ネバダ州ラスベガス市において、自身やUE社の正当性を強調したうえで、「スティーブ・ウィン会長は、2000年当初から、その独断と謀略によって、締結した運営契約、株主関契約、UE社を欺いてきた。このようなスティーブ・ウィン会長の独裁下にあって本来の機能を全く果たしていないウィン社の取締役会の構成員を務めることはもはや適切でない。以上の理由から、ウィン社の取締役の地位から即時発効にて辞任する」と発表した。


なお、フィリピン政府は、国家プロジェクトとして観光事業を強力に推進することを目的に、マ二ラ湾岸沿いに「マニラベイ・エンターテインメントシティー」を創設、UEグループを含む4グループのカジノ複合リゾート施設の開発が行われつつある。



◆黒幕はどうでも良い小池知事


ついに豊洲市場問題の「黒幕」が表舞台に引きずり出される。22日午後に開かれた東京都議会は百条委員会を設置することを決定した。在任中に移転を決めた石原慎太郎元知事の証人喚問をおこなう見通しだ。また石原自身も3月3日に記者会見を開くことを明言している。

小池氏としては、小池劇場を極力夏の都議会選近辺まで引き伸ばしたい意向であり、今回の百条委員会の目玉もかなり先になると見ています。

ですから今回の百条委員会は長期戦になると断言しておきます。


kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。