So-net無料ブログ作成
検索選択

三井財閥の主力企業「東芝」の米国の子会社の巨額損失補填事件の真相? [日本の習慣]



スポンサードリンク








米国の植民地である日本政府は時々米国ユダヤからの指示で日本企業に米国企業に救いの手を差し伸べる時があります・・・今頃、安倍・麻生両氏は東芝株をタップリ仕込んでいるでしょう?


倒産しないことを知っているからです。


東芝.jpg



◆巨額損失補てんは日本政府からの依頼


その発端となったのは、年の瀬も迫った去年12月27日に東芝が発表したアメリカの原子力事業の巨額損失です。


原子力事業を手がける子会社ウェスチングハウスが2015年に買収したCB&Iストーン・アンド・ウェブスターについて、資産内容を詳しく調べた結果、数千億円規模の損失を計上する可能性があると明らかにしたのです。


東芝は具体的な損失額を2月14日の決算発表と同時に明らかにするとして、それに向けた作業を急いでいます。


ウェスチングハウスは、アメリカ南部のジョージア州で2基、サウスカロライナ州で2基の合わせて4基の原発の建設を2008年に受注しました。


子会社のウェスチングハウスがCB&Iストーン・アンド・ウェブスターを買収する前のことですが、両社はこの4基の建設プロジェクトを共同で受注するパートナー企業の関係にありました。


東芝によりますと、2011年3月の東京電力・福島第一原子力発電所の事故のあと、アメリカで原発の安全基準が厳しくなったことを背景に建設のコストが膨らみました。


特に、安全基準を満たすために設備や資材の費用が上昇。それにともなって建設の工期が伸びることで人件費も膨らみ、全体の建設コストが受注した時点の想定を大きく上回ったとしています。


工期は当初の計画ではそれぞれ5年程度の見通しでしたが、現在では、原発の運転開始の時期は、4基いずれも1年から3年程度遅れているということです(今の運転開始時期は2019年~2020年の予定)。原発の建設費用は、4基合わせておよそ2兆円で、工事の進ちょくはまだおよそ30%です。




スポンサードリンク









◆ユダヤ企業内での単なる資金移動


以前に日経新聞が英紙フィナンシャル・タイムズ買収と言うニュースがありましたが、これと全く同じロジックです。


資金援助・・・それだけです。
全く心配はありません・・・東芝は三井の傘下の企業であり、東芝の倒産は日本の倒産を意味しますので・・・。


欧米のユダヤ企業間での資金調達を行う為に日本のユダヤ企業が利用されているのです。


日経新聞、英紙フィナンシャル・タイムズ買収の裏側と真実?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-24



◆何故、東芝のは倒産しないと断言できるのか?


親組織である三井の素性を知れば倒産なんてあり得ない話であると同時に世界のユダヤ勢力の実情を知ることにもなるのです。


時代劇に良く出てくる・・・越後屋・・悪徳ではありませんが・・・この越後屋呉服店が三井の発祥。新品を売っていたのが越後屋・・・その余りや越後屋が引き取った古着を売っていたのが、高島屋なんですね。古着屋・・・盗品等もあり・・・江戸幕府のスパイとしての顔も持っていた高島屋さんです。


三越の名前の由来は、三井の「三」と越後屋の「越」が発祥なのです。



本題に戻すと・・・三井も三菱も「三」がありますね。この「三」・・・余り信用されませんが・・・ユダヤ教で言う、「三位一体」を表す「三」なのです。


ユダヤも直接では無く・・・中国の景教に姿を変えて、日本に入ってきたようです。三井家の鳥居は実は、三柱鳥居(みはしらとりい)と言われ、極めて特異なものなんですが・・・これも三位一体の「三」を意識したものと言われています。


三井も三菱もユダヤ系、三井はイギリスのロスチャイルド系、三菱は岩崎弥太郎がロスチャイルトの舎弟であるアメリカのロックフェラーと結んで出来た商社です・・・大恐慌等の度に大きくなる両社なのです。大不況の度に大きくなってきたのが、実はこの両商社なのです・・・昭和の不況と商社の関係を観れば一目瞭然なのです。


岩崎弥太郎は、坂本竜馬と共に武器商人・・・岩崎弥太郎は、米国の南北戦争で余った銃を米国のロスチャイルドから仕入れ、日本の各藩に売却して巨万の富を作り上げた武器商人で、このことからもわかるように米国・ロックフェラー家と深いつながりがあるわけです。



明治を作った長州がイギリスと深い関係にあったことと関係があります。坂本龍馬に武器を卸していたグラバー氏は東インド会社の出身で・・・ここでもイギリスとのつながりが見えてきますね。


グラバーさん、日本に来る前は、イギリス東インド会社の上海支店長でしたが、一攫千金を夢見て日本へ上陸したわけです。(今風に言う所の"政商")


明治維新は聞こえは良いのですが・・・日本の利権をユダヤに譲渡したと時なのです。


その時の民間企業が三井と住友・・・日本は全てこれらユダヤ系企業に牛耳られているのです。


その三井の中にあって原子力を中心としたインフラを担当しているのが東芝であり、住友系が住友電機。。。NECなわけです。


MRJもロケットも全て三菱が担当しているのはユダヤ傘下の企業だからなのです。

東芝の「東」のつく会社は大体三井系です。


このような構図を知れば東芝の巨額損失事件? 大騒ぎしているマスコミが異常ですし・・・こういう時に大量に東芝株を仕込んでsいる組織があるのでしょうね?
損をするのはこのような構図を知らない一般投資家だけなのです。











kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。