So-net無料ブログ作成
検索選択

茨木地震の次の巨大地震震源域は名古屋・紀伊半島と予測する京都大学防災研? [地震]



スポンサードリンク






◆予測されていた茨木地震は更に拡大の可能性


日本全国で頻発している地震ですが、南海・東南海地震に関連するとおもわれる地震が多発していたのですが・・・下記のように南方海域での地震・・・即ち、パプアニューギニアやソロモン地域の地震の後に日本に影響を及ぼす事が言えるのではないでしょうか。


下記に開示しているのですが、小生のデータでは、南方海域での地震はほぼ確実に『茨木以北』での地震に繋がっているわけです。


12月19日のパプアニューギニアでのM7.9の地震発生時に・・・一週間以内に千葉・茨木以北での地震を警告していたのです。


更に南米チリ等、環太平洋地域での地震も多発しており・・・危険な状況の日本・・・と警告を発していたのですが・・・この危険状態は全く回避されていないのです。



パプアニューギニアでM7.9の地震発生は千葉・茨木以北で確実に一週間以内に地震を起こす?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-12-19


ニューギニアでM7.5の地震は人工地震の実験? ネパール・箱根・伊豆との関連?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-05-06


環太平洋火山帯での不気味な地震活性化を証明するトカラ列島・福島で震度4地震?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-12-24-1


ソロモン諸島で発生したM7.8の地震は確実に日本に影響を及ぼす?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-12-08-2


岐阜・長野でのM4.4の地震は中央構造線上の危険な地震の匂?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-12-06-1


福島地震の次は『静岡』か南海地震の震源域である『三重・和歌山』で起きる可能性大?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-22-3


三重・和歌山でも連続地震発生・不気味な南海地震震源域で多発している地震・・・?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-21-3





スポンサードリンク








◆頻発”地震の意味は… 新たな震源域とM9地震


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000039-mbsnewsv-soci


今年は地震が多かった印象がありますが、気象庁によりますと、今年震度5弱以上を記録した地震は福島沖や熊本・鳥取など32回(12月28日18時現在)。震度3以上を記録した回数では、平成で歴代3位の多さなんです。この多さは何を物語るのでしょうか。


4月、強力な破壊力を持つ震度7の地震が立て続けに起こった熊本県。地震を起こしたのは日奈久断層と布田川断層と呼ばれる2本の活断層。


「今回の地震で約2.5メートル下に道路が陥没したところです」(太田尚志記者リポート)

阿蘇山近くでは2メートルを超える地割れも見つかり、「未知の活断層」が動いた可能性も指摘されています。

10月には鳥取県中部で震度6弱の地震が発生。


「道路を見ますと、大きいところで段差が20センチほどあります」(三澤肇解説委員)



◆地震発生域は特定されている



一連の地震は南北約10キロに集中していて、こちらも未知の活断層が動いた可能性があります。

京大防災研の西村准教授は、2つの内陸地震は南海地震の前兆だと指摘します。


「次の南海地震が今後数十年で起きるとすると、内陸の地震活動が増えていく。その一つが今回地震(鳥取地震)だったり、今年4月の熊本地震であったり」(京都大学防災研 西村卓也准教授)


西村准教授はGPSの観測データから、一枚のプレートと思われていた西日本が複数のブロックに分断されていると指摘。海側の大きなプレートが陸側にもぐりこむ力が内陸に伝播し、ひずみが集中するブロックの境界で地震が発生したとみています。


南海地震の震源にあたる紀伊半島沖約130キロの海域。


名古屋大学の田所敬一准教授は南海トラフを挟む形で深さ3500メートルの海底に観測機器を設置し、地殻の動きを1センチの精度で監視しています。


そして調査で、従来の東海、東南海、南海地震の3つの震源域に加え、その南側の新たなエリアが震源になる可能性を発見したのです。


「ここの観測点、南海トラフに非常に近い場所、西北西に年間4センチくらい動いてくるのがわかってきた。この紀伊半島沖でプレート境界の近くが歪みをためているというのがわかったのは初めて」(名古屋大学 田所敬一准教授)


最悪の場合、M9になることもある南海トラフ巨大地震は、桁外れの破壊力をもち、津波も巨大化する可能性があります。高知県・黒潮町。こちらの海岸では、高さ34メートルという巨大な津波が予想されています。


来たるべき、「南海トラフ巨大地震」。新たな震源域を含め地震が連動して発生すれば、その被害ははかり知れません。





スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。