So-net無料ブログ作成

お茶・コーヒーの効能を国立がん研究センターが認めた? 成人病の発症率が低減? [健康・薬]

お茶は体に好効果? 近代医学の総本山である 国立かんセンターの研究結果である。


良くお茶を飲むとトイレが近くなると文句のような苦悩のような言葉を聞きますが・・・これはお茶の利尿作用は勿論なのですが・・・体毒を排出する効果があるのです。


下痢も体毒を排出する手段の一種ですが・・・これは適切な水分も排出されてしまいますので・・・下痢の時は水分補給が大事なわけですね? 白湯で良いでしょう。


お茶には話を戻しますと緑茶・コーヒーを飲むことにより成人病発症低減に効果があることを国立かんセンターが認めたのです。


お茶.jpg


お茶2.jpg



以前は根拠の無い説としていた学者達が事実として認めており、まだまだわからないことが多い人体の不思議さであります。


近代医学の学者達はお茶や漢方の効能を研究していないだけで・・・証拠なんて無い・・・と独善的にお茶や漢方の効能を無視・否定してきたわけですが、これが間違いだったわけです。


近代医学の功罪とでもいうのでしょうか?





スポンサードリンク








◆飲む量(回数)によって成人病発症リスクが異なる結果


40歳から60歳までの男女約9万人を対象に追跡調査を行った所、飲む量によって死亡リスクに差異が生じることが確認された。


このリスク低減の対象となるものは、男性脳血栓疾患・呼吸器疾患、女性は心疾患・・・?


【男性】お茶・コーヒーの飲む量

1-2杯・・・・・・・死亡率  0.96減少

3-4杯・・・・・・・死亡率 0.88減少

5杯以上・・・・・・死亡率  0.87減少


【女性】お茶・コーヒーの飲む量



1-2杯・・・・・・・死亡率  0.90減少


3-4杯・・・・・・・死亡率 0.87減少

5杯以上・・・・・・死亡率  0.83減少


同様の傾向は、緑茶以外の『コーヒー』でも確認されていると発表されました。


コーヒー.jpg




◆有効成分として認めた


緑茶のカテキン酸、コーヒーのクロロゲン酸・カフェイン等が成人病に有効であると指摘された。


昔からがんに効くと言われているポリフェノールは今回の対象から外れていて残念であるが、肉体の老化・活性酸素と抗酸化物質の関連もちっやんと調べてのか疑問である。



フランス等では、『松の木の皮から採取した物質』に非常に高い抗酸化物質が含まれていることが確認されており、がん治療等にも効果があるとして正式に病院での治療も進められているのです。


コーヒーやお茶・・・誰でも手に入るものですが、ポリフェノールとかと言うと特定の商品を宣伝することになるから・・・とまた技量の小さいところを見せ付けるかのように・・・その部分を隠したのでしょうね?



◆コーヒーもお茶も・・・漢方?



中国に『片仔廣(へんしこう)』と言う漢方があり、肝臓に効果があり肝臓がん等にも有効・・・と漢方の世界では言われています。


中国皆さんは良く知っていますが、高価な為、中々、手にすることはできません・・・また偽物も多い為、本物を手に入れること自体が大変難しい漢方薬です。


成分の中に虎の臓器等があり、これ『ワシントン条約』とか言う国際協定で制限されていることから、日本への輸入は禁止となっているのです。


良い漢方は現実にあります。でも日本では手に入りません。悲しい現実ですね。


まだまだ未解明分野の多い漢方の世界の話ですが・・・中国人は理論では無く・・・4000年に及ぶ人体実験・・・即ち臨床実験の結果・・・効能を開示しているわけです。


個人的には漢方の4000年の研究結果を信用しています・・・近代医学の歴史はたった100年の歴史しかないのですから。



kage



スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました