So-net無料ブログ作成

トランプ氏はイルミナティーの不正選挙を口にし『暗殺』される道を選んた? [国際情勢]

不正選挙? どうやって行っているのか?


今は自動集計装置という機械が大都市部では主力の時代であり、その自動集計装置を提供しているのが、『ムサシ』という安倍首相の傘下の会社なのです。


日本ではよく、投票したのに『得票数がゼロはおかしい』と裁判に訴える人がいますが、これはまさにムサシにより集計に操作が行われていることの証明なのです。


また、不在者投票の書き換え・・・ある宗教法人の関係者が徹夜で票を書き換えているとの話もよく聞きますが・・・?


そんな不正投票の煽りを食ったのが、『三宅洋平氏』・・・大聴衆を集めた池袋駅前などで、結果は、獲得投票数は『なんとゼロ』・・・大聴衆も含めて『ゼロ』は・・・?


不正選挙で落選させられた三宅洋平氏の証拠を発見?
htp://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-15-3





スポンサードリンク








◆トランプ氏が『不正投票』と訴えた・・・。 (CNN様)


米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏は27日、「数百万人」の有権者が「不正に」民主党候補のヒラリー・クリントン氏に投票していたと主張した。ただし、主張を裏付ける証拠は示していない。


大統領選の勝者となったトランプ氏が、不正投票の疑惑を指摘したのは初めて。投票に大規模な不正があった形跡は見つかっていない。


大統領選ではトランプ氏が獲得選挙人数でクリントン氏を上回り、勝利を収めた。しかし総得票数ではクリントン氏が約200万票も上回っている。


これについてトランプ氏は「不正に投票した数百万人を差し引けば、総得票数でも私の勝ちだ」とツイートした。


陰謀説を主張する一部のウェブサイトには、トランプ氏が総得票数でもクリントン氏を上回ったとする虚偽の記事が出回っている。トランプ氏のツイートはこうした記事を指していた可能性もある。


大統領選の結果をめぐっては、ウィスコンシン州が小政党「緑の党」の要請で再集計を実施することになり、クリントン陣営もこれに参加する意向を示している。



トランプ氏は27日、ツイッターで再集計の動きを立て続けに批判し、「クリントン氏は私への電話で敗北を認めた。事実は何も変わらない」「多くの時間と金を費やしても結果は同じだ。お気の毒に」などと投稿した。


トランプ氏はかつて、総得票数でなく獲得選挙人数で勝敗が決まる大統領選の制度を強く批判していたが、選挙後は「小さな州も参加できる天才的な制度だ」と態度を翻している。


まさかのクリントンがトランプに勝利する道ははまだ残されていると言う奇怪な米国大統領選挙?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-11-6




スポンサードリンク







◆トランプ氏は大統領になれるのか?


トランプ氏がついに『イルミナティー・ユダヤ組織による不正選挙』を口にしてしまった・・・?

米国の自動集計装置を販売している大手は、勿論もイルミナティー傘下の



当サイトではトランプ氏の反イルミナティー・反ユダヤ向け言動を『意図的』なものと疑っているのですが、今回は、タブーに近い『不正投票』を口にしてしまったのです。



トランプ氏の反イルミナティー・反ユダヤ発言は、『余りにも真正面過ぎるのです』・・・トランプ氏の反イルミナティー・反ユダヤ発言が本物んら・・・イルミナティーは黙ってトランブを野放しにはしないと思います。


米国民から絶大な人気のあった『ケネディー元大統領ですら暗殺される』米国てすので、『トランプ氏の暗殺』も時間の問題なのではないでしょうか?


不正投票・選挙を乗り切ったとしても『トランプ氏』の先は見えてきた感じです。


どうも反イルミナティーの言動は『本物』のようですね? あり得無い???


総得票数で劣勢のトランプ氏、「数百万人が不正投票」と主張
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-11-27




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました