So-net無料ブログ作成
検索選択

北朝鮮の7月の『暗号放送』以降にはじまった韓国の地震環境の変化? [国際情勢]


北朝鮮の7月の『暗号放送』以降に韓国での地震が多発しだしたのです。


14日、韓国メディアによると、韓国・忠清南道保寧市で13日に発生したマグニチュード3.5の地震について、韓国地質資源研究院は「朝鮮半島の地震の環境が変化している証拠」と分析した。


韓国保寧市で異例の地震発生「朝鮮半島の地震環境が変化している証拠」=韓国ネット「大地震の前兆?」「土地も朴大統領に腹を立てている」





スポンサードリンク








◆2016年9月12日、韓国南部キョンサン(慶尚)で発生した地震


韓国の気象庁によりますと、日本時間の12日、韓国南部キョンサン(慶尚)北道のキョンジュ(慶州)付近を震源とする地震がありました。


現地の消防によりますと、揺れによって本棚から本が落ちるなどしたということですが、これまでのところ、地震による被害の報告はないとしています。


また、警察によりますと、これまでのことろ、地震による被害の報告はないものの、周辺で携帯電話が通じなくなっているということです。
一方、震源近くのホテルの従業員によると、揺れは5秒ほど続き、宿泊客から問い合わせが相次いだものの、これまでのところ被害などは出ていないということです。"




スポンサードリンク








◆2016年7月に北朝鮮が暗号放送を『地質探査隊員』向けに開始


北朝鮮の暗号放送は『地質探査隊員』向け! 人工地震に興味を持った金書記長?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20-4


韓国地震の全ては、北朝鮮の暗号放送開以降に開始された? とは言えないだろうか?


気象兵器に襲われている世界各国の動向を見て・・・北朝鮮が気象兵器に興味を持つのは自然の成り行きではないでしょうか?


大雨や洪水更に地震での国土崩壊には、誰も文句は言えないのです。こんな便利な兵器に金正恩書記長が目をつけない方が不自然です。


各国で最近発生している地震・・・スバリ北朝鮮の気象兵器=人工地震兵器と思われますが・・・どうでしょうか?


特に北朝鮮の7月の『暗号放送』は、普段は目立たない『地質探査隊員』向けだったことも大変注目しなければなりません。


ミサイルで1千億の金を使うより遥かに安価で効果的な地震兵器を北朝鮮が手に入れているということなのです。


北朝鮮は、武力でソウルへ侵攻する必要が無くなったのです。新時代の朝鮮半島の緊張状態が始まっているのです。



韓国地震.gif



◆韓国気象庁の見解


ソン・チャングク地震研究センター長は「保寧市の内陸でM3.5以上の地震が発生するのは異例のことで、9月に発生したM5.8の慶州地震の余震とみるのは難しい」と明らかにした。


ソン氏は「以前は地震がなかった場所で地震が発生するということは、閉じていた構造線が地震環境の変化により活動し始めたという意味」とし、「東日本大震災や熊本地震の影響で慶州地震が発生したように、今回の地震も日本の地震と関連がある」と述べた。


また、「数日前に済州の内陸で異例の地震が発生したが、これも地震環境が変化した証拠とみられる。朝鮮半島の活断層の把握が不十分なため、現時点で正確な原因を知ることはできない」と明らかにした。


この報道に、韓国のネットユーザーは「明らかに何かが変わった。韓国は地震のない国だったのに…」「韓国も地震安全地帯ではない。日本のように対策を徹底するべき」「国民だけでなく土地も朴大統領の無能さに腹を立てているようだ」「朴大統領が就任してからアンラッキーなことばかり起こる。


大地震が発生する前に早く退陣させないと!」「恐ろしい。大地震の前兆ではないかと不安になる」などのコメントを寄せた。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました