So-net無料ブログ作成

橋下徹氏敗訴・部落・暴力団の父と別居していた橋下氏は『部落民』となるのか? [日本の習慣]



橋下徹前大阪市長が、自身の出自(部落・新平民)などを取り上げた月刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と執筆したノンフィクション作家を相手取り、慰謝料など1100万円の支払い求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であり、橋本徹前大阪市長の訴えは退けられたのです。


しかし、部落出身で苦労して育った橋本徹前大阪市長は堂々と政治家を続けているのですが、それで良いとは思うのですが、部落出身の暴力団の父と幼少の頃より別居していた橋本徹前大阪市長は『部落』には該当しないという節もあるのです。




スポンサードリンク








◆橋下徹前大阪市長の父の『部落』とは?


江戸時代の身分制度は、士農工商・・・ここまでは学校で習いましたが、実際は、その下に『エタ』と『非人』という身分があったのです。


ですから正確には、士・農・工・商・エタ・非人ですね。なんて学校はこれを教えないのでしょうか? 土人なんていうのは知らない間に『差別用語』に指定されていたり・・・。


税金や公共料金を払ってから抗議しろっ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-26-2



関が原の戦い等で死体を処分(今日の葬儀屋)する集団や家畜を殺して皮を剥ぎ取り皮を加工する集団等が『エタ』と言う身分であったわけです。


こういう人々は一般人が住まないような川の三角州やス水面より低い地域に住んでいたのですが、最近の住宅開発でそれら特殊地域にも多くの一般人が住み出しており注意が必要てずね。


世の中に絶対必要な集団なのですが、これを差別・蔑視しているとして・・・『同和』
や『部落』問題として今日でも社会に深く浸透している問題なのです。


地方へいったら『こんなの当たり前』・・・部落出の人々はそれなりに謙虚に社会に溶け込み地域住民と旨く生活をしているのです。


所がその差別? を声高に騒ぎたて・・・社会を食い物にしている組織があるのです。暴力団員の6・7割は『エタ』と『朝鮮人』と言われています。


部落問題等が根深い関西・・・・京都府の清掃局の例ですが、『部落民』を多く雇用しているそうです。

『働かない』『無断欠勤』は当たり前・・・注意すると背後の組織を呼んで・・・『差別だっ』と言い出す始末・・・税金も同様・・・払わない・・・これが差別を利用し歪曲した社会を生み出しているわけです。




スポンサードリンク







◆橋下氏敗訴、2審も(産経新聞様)


橋下徹前大阪市長が、自身の出自などを取り上げた月刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と執筆したノンフィクション作家を相手取り、慰謝料など1100万円の支払い求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。


江口とし子裁判長は、記事の公益性を認めた1審大阪地裁判決を支持、橋下氏の控訴を退けた。


1、2審判決によると、同社は平成23年の月刊誌上で、橋下氏の父親や叔父と反社会的勢力との関係について取り上げた。


判決理由で江口裁判長は「反社会的勢力と政治家との関係の有無は、政治家の適性判断に資する事実だ」として記事の公共性を認定。当時の取材メモや別の訴訟での叔父の証言などを踏まえ、記事内容の真実性も認められるとした。




◆新平民(部落)の誕生



中世から近世を通して存在した賤民(エタ)問題を処理するために明治政府は、維新後の改革の一つとして新しい社会階級制度の中に「新平民」を設けた。


明治・大正・昭和と時代を経て、新平民の暮らしにおける諸問題は、表面化し社会問題となる。


第二次世界大戦後の日本国憲法における基本的人権の尊重の概念により、皇室を特別として、社会階級制度が消失した後も、多くの課題が残る。


現在では、社会問題に対処するために部落団体・日本国政府・地方公共団体などが主張・提訴・改善・解決しようと取組む課題の総称となっている。
政治的・法的・因習文化的な諸問題を多く含む社会問題であり、現代では世系差別と地域に対する差別を同和問題という。


『土人』発言問題で抗議をする前に税金や公共料金を払ってから抗議しろっ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-26-2



◆「部落」の概念から判断すると橋下徹前大阪市長はグレー



「部落」は本来「集落」の意味であるが、歴史的にエタ村あるいはエタ(穢多)と称された賤民の集落や地域を、行政が福祉の客体として「被差別部落民(略して部落民)」などと呼んだことから、特に西日本では被差別部落を略した呼び名として定着した(山間部などでは集落の意味でも普通に使われるので差別発言だと早合点しないように注意すること)。


2011年3月4日に第68回全国大会で決定された部落解放同盟綱領では、「部落民とは、歴史的・社会的に形成された被差別部落に現在居住しているかあるいは過去に居住していたという事実などによって、部落差別をうける可能性をもつ人の総称である。


被差別部落とは、身分・職業・居住が固定された前近代に穢多・非人などと呼称されたあらゆる被差別民の居住集落に歴史的根拠と関連をもつ現在の被差別地域である」と定義されている。


ただし、その一方で『部落問題事典』(解放出版社、1986年)では「部落民とみなされる人、あるいは自ら部落民とみなす人を部落民という。
橋下徹前大阪市長は無理をすればこのタイプかも?



この同義反復的なことでしか、部落民を定義することはできない」(野口道彦)とも述べられており、「被差別部落」や「被差別部落民」を定義する方法がないことも指摘されている。すると橋下徹前大阪市長も『部落かというとグレー』なのです。


また、被差別部落には穢多や非人に起源をもつもののほか、夙、鉢屋衆、きよめなど多種多様な起源をもつものがある(雑種賎民)。橋下徹前大阪市長ま場合・・・父親がその筋の人だっのですが、それ以前は全く解明されていません。


静岡県では院内という民間陰陽師がもともと被差別民ではなかったところ、明治初期に陰陽師廃止令が発布されたために失職し貧困化して被差別民と同一視されるようになった例が報告されている[3]。また、山窩の集住地を同和対策事業の対象とした自治体もごく少数ある。


橋下徹前大阪市長は厳密には『部落に属さない』タイプとも言える立場ですが、あえて『部落出身』と公言しているようにも取れますね。


裏に力を持つ・・・そういう組織の人々のコネとネットワークを使う為とは想いたくはありませんが、橋下徹前大阪市長は『部落民』飲む道を選んだわけで、首相になることは捨て、実利を選択したのです。


税金や公共料金を払ってから抗議しろっ?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-26-2




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました