So-net無料ブログ作成

鳥取地震での有感地震は200回を超は南海トラフ地震へと続くのか? [地震]


鳥取地震の発生から数日が経過しましたが、不思議な余震は全く収まらず気象庁はこの鳥取地震の余震の説明も出来ないくせに、今週中には前回同様震度6程度の地震発生の可能性が高いと気象庁が注意を呼び掛ける始末?


小生は、今週に想定される同程度の地震では済まない大きな災害の計画が着々と進行していると感がしているのです。余計な疑義は混乱を招くだけであり極力抑えた形で要点だけを指摘したいとおもいます。


鳥取地震の鳥取県以外の広島県・岡山県・山口県方面の方は厳重に注意して頂きたいと思います。




スポンサードリンク







◆先の台風10号で大気圏には大量のマイクロ派が蓄積されている


この異常・・・逆走した台風覚えておられるだろうか?


10号-1.jpg


台風10号の進路操作はソーラーエン社が開発したシステムによってベクテルが実行した?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-08-26


ソーラーエン社が開発したシステムにより台風の逆走に成功したのです。これは近くの高気圧低気圧を操作したものなのか・・・台風に直接照射したものかは不明です。


明石大橋にある関西ベクテルが宇宙空間にある衛星への照射を担当しているのです。熱いマイクロ波は衛星から反射され地震や台風の進路操作と言う目的に合わせて使用されるわけです。



◆広島上空で謎の衛星が確認されている


その宇 空間にあると推測されていた衛星が日本のアマチュア天文家により確認されたのですが、米国は一切 NOコメントを貫いているという異常振りなのです。


宇宙から見れば鳥取も広島も島根も岡山も・・・そこまで精度が良くないのかもしれませんね?



気象兵器用の人工衛星は広島上空で確認されている?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-03-2


南海・東南海地震は進路がピタリと一致している台風13号と10号によって引き起こされるのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-07





スポンサードリンク







◆近々予測されている鳥取の震度6の余震より怖いその後


鳥取地震は今後どうなる? 歴史は南海地震への発展を示唆?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-10-22


歴史では鳥取地震をきっかけとして次の地震で日本を災害に陥れたのです。


今日では明石海峡のベクテル社・・・広島上空の衛星・・・ソーラーエン社の気象兵器システムと全てが整っているのです・・・。



1943年鳥取地震  
マグニチュード7.2 1943年(昭和18年)9月10日17時36分54秒 震源地は鳥取県気高郡豊実村(現・鳥取市)野坂川中流域(北緯35度28.3分、東経134度11分)。


1944年昭和東南海大地震 
マグニチュード8.0 1944年(昭和19年)12月7日午後1時36分。


1945年三河大地震  
マグニチュード7.1 1945年(昭和20年)1月13日午前3時38分 震源地は三河湾( 北緯34度42分06秒 東経137度06分48秒)。


1946年昭和南海地震
マグニチュード8.0、1946年(昭和21年)12月21日午前4時19分過ぎに潮岬南方沖78 km(北緯32度56.1分、東経135度50.9分。



時期的に鳥取地震の之動向は下記『松原照子氏』の透視とも時期的に一致してくるのも不気味なところなのです。


松原照子氏の透視・予言通り南海・東南海地震は」11月23日に起きるのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08-1




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました