So-net無料ブログ作成
検索選択

貴乃花の長男・花田優一さんはイケメン『靴職人』だった? 手に職を持つことの大切さ? [日本の習慣]


花田優一? ピンとこない方を多いと思いますが・・・あの貴乃花の花田さんと言えばすぐわかりますよね?
そうです花田優一さんは貴乃花の長男のことだったのです。


大相撲の元横綱・貴乃花親方(44)と花田景子さん(51)夫妻の長男・花田優一さんは、有名人には珍しく『手に職を持つ』靴職人と言う地道な道を選んだのです。



貴乃花.jpg






スポンサードリンク








◆貴乃花親方と長男・花田優一さんは靴職人の道を選んだ


父はご存知“平成の大横綱”貴乃花。


祖父は“角界のプリンス”と呼ばれた人気大関貴ノ花(のち二子山親方、故人)。相撲界の名門に生まれた優一さんだが、今は靴職人として活躍中。そのマスクは、両親のいいとこ取りでイケメンだ。


優一さんは15歳の時に親元を離れ単身でアメリカに留学。


外国で学生生活を送るうちに「世界で愛される“靴”を自らの手で作りたい!」と思うようになり、18歳から本場イタリアのフィレンツェで、靴職人の修行に3年間励んだ。


そして、1年前に帰国。


現在は都内で靴職人として活躍している。優一さんの手掛ける靴は完全ハンドオーダーメイド。採寸、デザイン、皮の仕入れ、縫製まですべて一人でこなし、客の足に合った“世界に一足だけの靴”を、およそ2週間かけて丁寧に作り上げる。値段は15万円ほど。





スポンサードリンク







◆『手の職を付ける』と言う子供への教育


有名人の子供で・・・・職人・・・。

一般的には一流校を出て一流会社に勤める・・・これが今までの親の考え方のスタンダードであったのですが・・・一流企業に入社したところで幸福な人生が来るかと言うとそうでもありません。


何故なら企業も人の集団であり・・・虎視眈々をチャンスを狙っている社員が多く、育ちの良い人間にとっては中々厳しい現実があります。


定年制度もその一つですが・・・手に職があれば定年なんかの会社都合で退職する必要も無く・・・一生好きに働くことが出来るわけです。



学歴社会は韓国のような異常な社会環境となり子供達にとっては何もいいことはありません・・・やはりこれからは『手に職をつける時代』なのかもしれませんえn?



◆明石家さんま(61)は「好青年やな~!


スタジオに登場した優一さんに、明石家さんま(61)は「好青年やな~!」と大絶賛。さんまからの「相撲取りになろうとは一回も思わなかったの?」という質問には「全く思わなかったです」と、きっぱり答えた。


若いながら結婚願望ものぞかせ「父も早かったので、早く結婚したいです」と話す優一さんに、さんまは「お母さんに言っといてや!昔は俺のファンって言ってたんや!」と、景子さんが自身のファンだったと暴露すると、優一さんも「さんまさんのファンだった」と母親が家で話していたと伝えた。


番組ではさんまが“スタジオで動き回る用の靴”を作ってほしいとオーダーするが…。優一さんの反応に注目だ。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました