So-net無料ブログ作成
検索選択

治癒力・オートファジーは20万年前にシュメール人が人類に注入したソフト? [健康・薬]





スポンサードリンク







ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった東京工業大栄誉教授の大隅良典氏ですが、奥興味深いことを奥様との会見の中で述べていたことにお気付だったろうか?


『昨日より何も食べていないので私自身がオートファジィー状態』だと・・・人間の体というのは不思議で・・・治癒力・・・という目に見えない力でこのバクテリアだらけの世界を生き抜くようにプログラミングされている生物なのです。


誰が作ったのか知りませんが、『神様』や『猿』では無いことは確かなようですね。



◆人類を創造したのは誰か?


宇宙人の奴隷として人類が創造されたと言われているのですが、どうも欠陥だったようです・・・宇宙人による失敗作が人類と言う方もいます。


病気が遺伝する・・・眉毛が無いと汗が目ら入る・・・体毛が伸びる・・・等ですが、猿からの進化論や神が創造したもので無いことだけは確かのようです。


約45万年前に、ニビルでは星の存続の危機に会う。


その危機とは、ニビルの大気が宇宙空間に拡散し、それによりニビルに生物たちは絶滅の危機に見舞われたというもの。


原因をつきとめたアヌンナキは、その解決策は“黄金の粒子”を利用してシールドを作り、大気拡散の防御でした。


アヌンナキの当時の王である「アラル」は、太陽系の“地球”に金が大量にあることを発見する。


(出典人類は「ニビル」という星からやってきた宇宙人アヌンナキ(シュメール人)に遺伝子操作で作られた!|オカルトまとめ)


アヌンナキ達は、都市を築いた後、金の採掘に便利な労働力を得ようと、約30万年前に当時地球にいた「猿」と「アヌンナキ」の遺伝子操作で掛け合わせ「人類(ホモ・サピエンス)」を創ります。


そう、人類は彼らの労働を担う「奴隷」として誕生しましたのです。


秋分の日の意味を知っていた古代最大の謎の民族はシュメール?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-21-5



◆餓状態の時再利用を図る・・・これ即ち治癒力 (ニュースイッチ様)


ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(71)が研究してきた「オートファジー(自食作用)」とは何か。


細胞は飢餓状態の時に細胞内のたんぱく質などを分解し、再利用を図る。


こうした「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象の研究の先駆者が、東京工業大学科学技術創成研究院の大隅良典栄誉教授だ。


人間の体内では、1日に合成されるたんぱく質は約300グラムとされている。


これに対し、ヒトが1日に摂取するたんぱく質の量は約80グラム程度だ。


この差について、東工大の大隅栄誉教授は「たんぱく質は合成されるのと同じだけ分解されており、体内でバランスが取れている。合成されることと同じぐらい、分解は生物学的に大事な現象だ」と強調する。


オートファジーで生体物質が分解される際には、分解対象となる生体物質に「目印」となるたんぱく質が結合する。「オートファゴソーム」と呼ばれる脂質膜の袋がその目印を認識して分解対象の生体物質を包み込み、リソソームや液胞などの分解専門の器官に運び込む。


オートファジーは、しばしば資源のリサイクルに例えられ、特に飢餓のような状態ではリサイクルが非常に強まる。オートファジーにより、細胞内はきれいな状態が保たれる。細胞内に侵入する細菌を排除する仕組みなどにもオートファジーは関わっている。


大隅栄誉教授は「分解は受動的な過程ではなく能動的な過程。合成の過程に劣らず、多くの遺伝子が分解の関わっている」と指摘する。オートファジーに関係する遺伝子は「Atg遺伝子」と名付けられ、これまでに18個見つかっている。



◆オートファジー=治癒力の異状は病気の原因を作り出す


オートファジーの解明が進むことにより期待されるのが、がんや神経疾患などの病気の治療法の開発だ。オートファジーの機能の異常は、神経疾患やがんを引き起こすことが示唆されている。

簡単に言うと、過敏な治癒力の反応によって生じるのが『アレルギー』や『がん』であり、『一部の膵臓(すいぞう)がんでは遺伝子の異常などを原因にオートファジーが過剰に働き、がんの発症やがん細胞の増殖につながることが知られている。』


オートファジーを抑制することによって、がん発症やがん細胞増殖を抑えられる可能性がある。


また認知症の6割を占めるアルツハイマー病は、神経細胞内に異常なたんぱく質が蓄積することで発症することが知られている。オートファジーの機構の解明によって、異常なたんぱく質の蓄積を防ぐ治療の開発につながることが期待される。




スポンサードリンク







◆オートファジーとダイエット


オートファジーの研究は、治癒力の研究とも言える分野なのです。

空腹になるとオートファジーが働き・・・体内への栄養を自身で補填開始するのですが、これ一般的には、『治癒力』と言われているのです。


肥満の減少、即ち、ダイエットも・・・一食抜くことにより、オートファジーが働き・・。治癒力が活性されることとなるのです。


従って一食抜くことは、『ダイエットと退化しつつある人間の治癒力を高める二つの効果』を一気に取得することにもなるのです。


「自然治癒力」は「自己治癒力」という言葉が使われる場合もあります。治癒力を「恒常性維持機能や生体防御力や修復・再生力が働く結果」として西洋医学的あるいは科学的に捉えれば「自己治癒力」という言葉のほうが妥当かもしれません。

「自然治癒力」は別名・・・オートファジィーとも近年呼ばれています。




スポンサードリンク






kage

下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。