So-net無料ブログ作成

安倍首相の演説・スタンディングオベイションが異様と指摘する民進党が異様? [日本の習慣]



民進党・細野豪志代表代行・・・朝鮮出身者達は、スタンディングオベーションを観ると金正恩氏達の強制的・・・スタンディングオベーションを連想するのであろう。


英国や米国等、一般的な民主主義国家では、イチロ-の記録達成時やファィンプレー時、更に政治家の立派な演説時は、スタンディングオベーションは普通なのです?


ここは日本であり、北朝鮮ではないのです。


やはり民進党・・・駄目ですね?





スポンサードリンク








確かに紳士的な態度に慣れていない日本人には似合わない・・・安倍首相へのスタンディングオベイションは似合わなかったかもしれませんが・・・それを異常と言う野党が異常なので、北朝鮮等の独裁国家を彷彿させるという発言自体・・・朝鮮人にしみ込んだDNAがそう発言させてているのではないでしょうか?



◆民進・細野豪志代表代行の呆れた指摘 (産経新聞様 )


貴重な国会の時間を無駄に使うな?



衆院予算委 民進・細野豪志代表代行がスタンディングオベーション批判 安倍首相は「どうしてこれが問題なのか」とブチ切れ



衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、民進党の細野豪志代表代行の質問に答える安倍晋三首相=30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)


衆院予算委員会で30日、安倍晋三首相が民進党の細野豪志代表代行に、26日の所信表明演説の際に多くの自民党議員がスタンディングオベーション(立ち上がり拍手)をして演説が中断されたことを批判され、「どうしてこれが問題になるのか理解できない」などとブチ切れた。

 細野氏は冒頭、「民進党は批判をしているだけにとどまっていると国民にみられている側面がある。われわれは変わらなければならない」と述べ、蓮舫代表が掲げる提案路線への転換を宣言した。


しかし、次に口から出たのは、所信表明演説の際に、首相が議員らに自衛隊などへの敬意を表すよう促した際に、自民党議員が行ったスタンディングオベーションへの批判だった。細野氏は「首相に促されてスタンディングオベーションをするというのはどうなのか」と述べた。


これに対し首相は「私は促していない」と反論し「自衛隊などに、敬意を表そうということだ」と説明した。この間、民進党の初鹿明博衆院議員がヤジを飛ばし、首相は「ヤジで議論が中断することもある。御党はヤジで意志を表すわけだ。それが果たして良いのかという議論もある」と皮肉った。


そのうえで、「米国ではスタンディングオベーションはよくある。議員が自発的に対応するか、だ。どうしてこれが問題になるのか、私はよく理解できない」とクビをかしげた。


細野氏はさらに「自民党議員は、自衛官というより安倍首相に拍手をしているように見えた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と語った。


これには首相は「最初に言っていた『批判だけに明け暮れない』という言葉とは全然違う。自民党議員が私に対する拍手だと言っていたなら別だが、私自体がはっきり『自衛隊などに対し』と明確に言っている。こじつけだ」と声を荒らげた。さらに「どこかの国と同じではないかというのは、どこなんでしょうかね。ただ、単に侮辱に明け暮れているとしか私は思えない」と憤った。




スポンサードリンク








◆イチローの写真と北朝鮮


要はこの違いがわからない民進党・・・当分だめですね?


イチロ.jpg


金.jpg




スポンサードリンク







kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました