So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒラリー・クリントンが中国のスパイあることは米国中の知れ渡っているが? [国際情勢]


中国の異状とも取れる尖閣・南沙諸島での他国への威嚇とも取れる軍事行動・・・実は米国の了承を取り付けた上での所業だったのです。


『ハワイから東』の覇権は、現在の米国から中国によこせっ・・・と言うような大胆な交渉も水面下で行われていたようで・・・そこに日本の名前は一切出てきていません。中国は米国しか頭にないのです。


朴 正煕(パク・チョンヒ、박정희、ぼく・せいき、1917年11月14日(時憲暦9月30日[註釈 1]) - 1979年10月26日)は、大韓民国の軍人、政治家。国家再建最高会議議長。第5代から第9代までの大韓民国大統領。本貫は高霊朴氏。号は「中樹(チュンス、중수)」。創氏改名による日本名は高木 正雄(たかぎ まさお)[2]。

1番目の妻に金好南。2番目の妻に文世光事件で暗殺の犠牲となった陸英修。金好南との間に長女の朴在玉。陸英修との間に、次女で第18代大韓民国大統領に就任した朴槿恵と、長男でEGテック現会長の朴志晩。親日派と勘違いされるが、巧みな話術で日本側から経済協力や資金を手に入れた用日の達人であった[


戦争経済・緊張を必要とする米国ネオコンでありますが、その代弁者の一人でもあるヒラリー・クリントン氏は中国の行動を容認していたのです。
これで中国の強気の原因が見えてきまたね。


そんなヒラリー・クリントン氏が米国の次期大統領になるわけですから・・・世界が如何に混乱・緊張するか容易に想像できるのですが、平和ボケ日本にはその緊張感が全く伝わってこないのです。



スポンサードリンク









◆中国は米国ヒラリー・クリントンの承諾を得ていた尖閣・南沙諸島進出?


「日本最大の問題」は「中国」である。なぜなら、中国は、「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない!」と宣言しているからなのです。


そして中国は、口でいうだけではなく、実際の挑発活動も繰り返している。たとえば、以下3つの事実、皆さんはご存知だっただろうか?


① 中国の軍艦は、尖閣どころか鹿児島県付近まで侵入している。


② 対中緊急発進200回 (スクランプル)


③ 中国軍機と追尾合戦か=空自機


中国の挑発により、「戦闘一歩手前」までいくケースも出てきた。
クリントン氏をはじめとしたネオコンはこれを望んでいるのです。


これらすべての動きを無視する人は、よほどの「平和ボケ」か、中国との「親密な関係」を疑われても仕方ないだろう。



中国は尖閣で戦争・紛争を画策しているのか?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-08-10


中国は南シナ海問題で『戦争状態』に突入している?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20


ここまでで、「中国問題」は「とても切迫している」ことを、ご理解いただけたと思う。




◆緊張状態を生み出す為には日本も捨てる覚悟のヒラリー・クリントン?


彼女のバックいるイルミナティー(その一つの部が金融ユダヤ)であり、戦争によって莫大な利益が彼らの懐に転がり込むことを熟知しているのです。


世界制覇を目指すイルミナティーの傘下に日本が入っていることは、下記の内容でも分かるし、日本の硬貨の合計が666円になることからも明らかなのです。
(1円+5円+10円+100円+500円=666円)


イルミナティー存在の証は千円札・野口英雄の右目をみれば?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-14-1



スポンサードリンク








◆中国とヒラリーはメールで情報交換をしていた?


未だにヒラリー・クリントン氏の使用メール問題が取りざたされていますが。その相手が誰かは殆ど報道されません。


実は、中国のスパイとの交信に使っててたわけです。


米国大統領選挙で優位なヒラリー・クリントンはリッポグループ経由で中国から多額の賄賂を受けていた? http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-09-28-1


「メールに機密情報が含まれている」ことを認めながらも、「常識的な検察官ならば訴追しない」そうだ。「常識的」に考えて「おかしい」と思う。そのメールは誰と交信していたのだろうかろろろ中国のスパイとなのです。


このようにヒラリーは、中国と長く、深く、黒い関係にあった。現在はどうなっているのかわからないが、十分警戒する必要があるだろう。



◆日米安保への過信は禁物


米国は、「梯子を外す」ことが、しばしばある。


たとえば、米国の傀儡政権だったジョージア(グルジア)は08年8月、ロシアと無謀な戦争をし、その結果、南オセチアとアプハジアを失った。(二共和国は、ジョージアからの独立を宣言し、ロシアは国家承認した)。この時、米国はジョージアを助けなかった。


さらに14年2月、ウクライナでクーデターが起こり、親ロシアのヤヌコビッチ政権が倒れた。誕生した親欧米政権は、クリミアを失った。さらに、ロシアが支援するドネツク州、ルガンスク州も事実上失っている。この時も、米国がウクライナを十分助けたとはいえない。


従って、日米安保条約があるからといって米国を過信することは大変危険なのです。今度の米国新大統領ヒラリー・クリントン氏は中国容認の大統領であり、且つ、中途半端に妥協して日中間に緊張状態を残すことが彼女の最大の目的だからです。


日米安保があるから・・・中国が撤退するまで米国は戦ってくれる?なんて思ったら大間違いなのです。


何故、米国が助けないか? と言うと言葉とは裏腹に戦争経済論に準じた緊張状態を存続させることがイルミナティーにとってメリットのあることを知っているからなのです。


上記旧ソ連での事例を見る限り、米国は日本を助けるような振りはするものの、途中で逃げ、緊張状態を維持させる作戦であることは明白であろう。


ヒラリー・クリントンのように、長年中国と「黒い関係」にあった人物が米大統領であれば・・・益々日本は注意する必要があるのです。



米国大統領は、日本人をジャップと表現するトランプが45%、猿以下のクリントンが42%?http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-05-27


ヒラリー・クリントンは大統領にさせられる運命に・・・黒い計画の背景!
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-04-11


ヒラリークリントン米国大統領によって世界は大混乱期に突入する?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-04-13


米国大統領選2016年・サンダース氏がユダヤのクリントン氏を猛追?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-19-4




スポンサードリンク







kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。