So-net無料ブログ作成
検索選択

都知事選で『在日特権』等、日本のタブーへの言及は桜井氏と小池氏のみ? [日本の習慣]




ご本人も最初っから都知事に当選するつもりは毛頭無いし・・・、都民も都知事には選ばない同氏であるものの、NHKをはじめとした報道では・・・・小池氏等の後で・・・・『その他の候補者の方々は次の通り』と言う決まり文句で一蹴されてしまうのです。


演説の場面等は一切報道されませんので・・・当サイトでちょっとだけ・・・紹介しておきます。


単に『朝鮮人・中国人・・・出ていけっ・・・』から『朝鮮学校等への支援は日本人にまわせ・・・』とやや方向転換した感がありますが、日本社会の根幹にあるタブー視されている問題の一つであることは事実であり、指摘自体は的を得ているように思えますか・・・?



桜井.jpg



我らが小池百合子氏もこの辺の問題に触れている所を見ると・・・野党を中心とした朝鮮系組織が日本政府より引き出し・・・不透明なメリットを得ていることの証明されたなのではないかと思います。



公明党が国土交通大臣ポストが好きな真相?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05-1





スポンサードリンク








◆『在特会』前会長・桜井氏の都知事選演説


桜井パパではありませんので、ご注意ください。


都知事は小池百合子氏の当選確実だし・・・敗退予定のその他候補には全く興味が沸かないのですが・・・。


元在特会・桜井氏が都知事選出馬表明
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-06-30




◆一部だけで注目されいる桜井誠氏の選挙演説



一部で注目を集めている候補がいる民族差別的な言動をさす、いわゆる「ヘイトスピーチ」との関連で名前が挙がることも多い桜井誠氏(無所属、新顔)。


市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の前会長で、14年に当時の橋下徹大阪市長とヘイトスピーチをめぐる面談を行い、その動画が公開されたことでも知られる。



【橋本前知事と在特会・桜井氏のバトル】
https://www.youtube.com/watch?v=ykhkV6hBlJM



これもやや怪しい組み合わせ・・・橋下さんが桜井氏を支援したと一部で言われています・・・桜井氏も・・・橋下氏と・・・同じ出らしいのです。



◆桜井氏の都政に向けた基本政策・方針


「日本に対して牙をむくような民族がいれば処断する」などと述べ、パチンコの新規出店を認めないなどの方針を掲げた。


在日韓国・朝鮮人などへのヘイトスピーチに関する質問も出たが、これまでもヘイトスピーチを用いてはいない、「反日教育」を受けている人々が(日本から)出て行けと言っているだけだ、などと主張していた。


桜井氏は実際、都内の朝鮮大学前でヘイトスピーチを行ったとして、2015年末に法務省から改善を求める勧告を受けている。


今回の都知事選告示日の14日午後、桜井氏はJR池袋駅近くで街頭演説を行った。公約の一つであるパチンコ規制実施について訴える中で「池袋はシナマフィアの巣窟」「いつシナ人が暴れるか分からないから(この場に)警察がたくさん来ている」などと発言した。


「シナ人どもの凶悪犯罪を止める」「いい加減、日本人もシナ人と戦う覚悟を持て」とも。


「シナ」は、中国を示す蔑称とされ、14年には石原慎太郎・元都知事が辞任会見で多用したことが、マスコミなどで問題視された。


背景や文脈を総合的に判断する必要がある」



16年5月に成立したヘイトスピーチ対策法は、対象となる「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」について、


「本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由にして、適法に居住するその出身者又はその子孫を、我が国の地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」

と定義している。



【桜井氏の神演説と一部の方が絶賛】
https://www.youtube.com/watch?v=ygPhhrkIvbk





スポンサードリンク







kage


下記は応援している『みな』さんのサイトです。当サイトより無難・安全です。生活情報はお役に立つ・・・知ってて損のない情報かと思います。

最新のニュースと生活情報を知る
http://mi--ma.blog.so-net.ne.jp/

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。