So-net無料ブログ作成
検索選択

余震はまだ止まらない? 震源の深さ10KMが教える連続地震の真相? [地震]

熊本では毎日・・・余震と称する謎の地震が発生し続けていますが、その原因について専門家・マスコミの報道は・・・『今後も続く』『声を掛け合って注意』等、被災者の方々が本当に知りたい情報とは程遠いものとなっております。


TVで住民の方が・・・そろそろ収束かと思っておると・・・言うような発言もあったので・・・『余震はまだまだ続きますよ』と警告・注意を勧告したいと思いま。


何の罪も無い・・・県民の皆様をこんな目にあわせている組織は許すことが出来ません。


被災者法により『抱えている住宅ローンは消滅』出来る手段もあるようですので、何とかがんはって頂きたい所です。





スポンサードリンク








◆最新の地震理論プレートテクトニクスでは解明出来ない異状地震


【熊本地震は現代科学では解明出来ない異状地震=人工地震】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-18-1


まず・・・余震を含めて『異常な地震』ということを理解してください。


歪のエネルギーを溜めて起こるはずの地震がこんな頻繁に起きるわけないのてず・・・。


では、どうしたら・・・震度5-6の地震が1時間単位で連続し起きるものでしょうか?


【熊本の連続地震はいつまで続くのだろうか?】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-16-2



◆誘発地震を目的とした人工地震により地下の水脈を利用した地震発生の可能性が高い


下記の図解を見て頂きたい。



人工地震.jpg



今回の地震も初期のものは『ごく浅い震源』とニュース等で報道されていますが、震源の深さは、10KM=1万メートル前後ということで図での浅い箇所での人工核爆発が起こされたのです。


その地震・核爆発が誘発地震となり、順次、深部へと移動し、連続地震が発生するわけです。


第一段階の誘発地震となる『人工地震=核爆発』で・・・この時、ニュートリノが発生し、『謎の発光現象』を起こしていたわけです。

【謎の発光現象】 核融合時に放出されるニュートリノが原因か?
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2016-04-18



◆震源の深さは『まだ10KM』と言うことが今後の余震頻発を示している


人工地震によるプロセスをまとめますと・・・


①段階

地下1万メートルで人工地震=核爆発を断層内で起こす・・・現地で『ドーンという一度の縦揺れと爆発音のような地響きが聞こえた』というのが核爆発の特徴であり、福島や南方の島々でもこの『謎の爆音騒ぎ』は何時か耳にしたことがあるかと思います。


②段階

①の人工地震により、20-30KMにある水源で核反応が起き、地震が起きる。地下の水源を利用した核融合が実際起きているということなのです。
ですから・・・震源の深さは、10KM=1万メートルより当然深くなるわけですね。


③段階

②の深さの水源での核爆発が更に深部に浸透し、更なる核融合による爆発=地震を発生させるのです。



YAHOO様の地震情報によると・・・まだ震源の深さが10KMで上記①の段階なのです。

順次、震源の深さは深くなり、どこが最深部となるか地形によって異なることは言うまでもありませんが、発生地震の震源が深くなる程・・・収束に向かっているとだけ射えるのです。


情報発表時刻 2016年4月19日 9時26分
発生時刻 2016年4月19日 9時23分ごろ
震源地 熊本県熊本地方
緯度 北緯32.8度
経度 東経130.8度
深さ 10km
マグニチュード 3.5


①の誘発地震により②③の自然界での水爆がおきるわけですので、今回ま熊本地震・・・まだ②③といった深い震源域での地震発生には至っていないと言うことが言えるのです。


大停電を利用して電力を搾取した組織は、まだまだ①の人工地震を起こしている段階なのです。


(停電を利用して人工地震用の電力を搾取している段階)
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=89836466


地下1万メートルで発生させた人工地震=核爆発は、化学反応を起こしながら、より深い水源を刺激《核融合》して地震を誘発させているのです。


3Fe + 4H2O →BH(原始状水素) + Fe3 という地下にある鉄やアルミニュウムと水が化学反応を起こしながら深い震源へと進むわけです。


ですから・・・熊本地震の余震は・・・地下の水源の数と深部へ進む化学反応の塊具合によって決まってくるのです。




◆19日昼に震源の深さ20KMの地震が発生


やっと・・・19日昼に震度20KMの地震がありましたね・・・。


発生時刻 2016年4月19日 12時52分ごろ
震源地 熊本県熊本地方
深さ 20km
マグニチュード 4.0


震源の深さ20KMり地震が発生しまたが、収束の時期全く見えてきません。


気象庁等は・・・『暫く続く』と言う言葉で逃げていますが、地下の水脈の数は流石に皆知らないのです。


この見解が正しか否かま判定は各位にお任せしますが、その判断基準のひとつとして震源の深さの推移・・・1万メートル以上に移行しつつある事実を確認してください。





スポンサードリンク




kage
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました