So-net無料ブログ作成

JAL123便日航ジャンボ機墜落事故は日本の黒い事件の典型? [日本の習慣]




大阪に向けて飛行中だったJAL123便、相模湾上空で米軍の発射したミサイル?により尾翼の一部を損傷したのが・・・こと始まり・・・この時の異変は、ボイスレコーダーにもはっきり記録・録音されているのです。


機長の『何だ・・・今の音』・・・という部分です。


【機長と副操縦士の会話】
https://www.youtube.com/watch?v=ggeE1Csxzow






スポンサードリンク








日航ジャンポ機撃墜事件には・・・黒幕として右翼の大物・元中曽根首相や米軍・自衛隊・金融ユダヤの秘密を握ってしまったハウス食品社長・核兵器密売人・ロシア戦闘機等・・・多くの関連が取りざたされており、真相は闇というかタブーなのです。


田中角栄氏のロッキード事件と同様・・・関係者にはタブーなのです。
要は明かされない真実が多々あるという日本社会の裏側にか関わる事件なのです。



JAL.jpg



【元JAL社員・ワールドフォーラム代表幹事の佐宗邦皇の指摘】
https://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo


【日本のタブーの一つの事件】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-11-5



◆圧力隔壁損傷は嘘・・・と佐宗邦皇は指摘


元JAL職員の佐宗邦皇氏は例によって、発言の数年後、死亡しました。発言が真実だから消されるあのパターンですね。


日本の闇社会がいつも使うと手段ですね。原発でも相当突っ込んでいた『やしきたかじん』なんかもそれが原因で消されたわけです。(単なるガンではありません。)



ボイスレコーダーにより操縦席の会話が録音されていますが、これも本物?と思ったら大間違いですよ・・・テープレコーダーの音声再生と再組み込みなんて素人でも出来ます・・・更にこの公開されていめ録音テープにはプロの解析者によると直ぐわかる・・・録音の改善・修正個所が多々確認されているのです? 何故?



◆何故・・・御巣鷹の尾根に墜落したか?

当初は米軍横田基地に緊急着陸を試みる予定だったJAL123便・・・途中で突然、横田への着陸が中止されたのです。


そして自衛隊機に誘導された地点が御巣鷹だったのです。 何故?


一般人が簡単に足を踏み入れることを恐れた為、厳しい山間部へ誘導した・・・と言われています。証拠を極力隠す為に・・・選ばれた場所だったのです。



◆落下地点を翌朝まで隠していた日本側


御巣鷹に墜落した時、偶然、近辺を引こうしていた米軍ヘリがおり、救助をしようとした所、横田基地より日本の自衛隊が対処するので・・・基地に戻れっ・・・という指示が入ったそうです。


【JAL123便の墜落を最初に知った米軍パイロットの証言】
https://www.youtube.com/watch?v=65krBx_Bblg



◆翌朝まで何をしていたのか?


ここが事件最大のミステリー(タブー)なのですが、墜落とほぼ同時に地元の消防団員たちは墜落地点を掌握しており、いつでも出動出来る準備をしてのですが、出動命令は翌朝まで出されませんでした。(地元ですので、・・・わかるのです・・・あの山のあの辺・・・と)


これが怪しいのですが、たまたま帰省中のある人がこの音を聞きつけ・・・当日のよる8時頃に現場に到着していたらしいのです。



その方の証言によるとまだ息のある乗客を自衛隊員が殺していた・・・ある隊員は、飛行機の残骸を地面から取り出す作業をしていた・・・と。



◆慰霊碑の場所

墜落現場からは離れた場所・・・何故なら墜落現場は未だに放射能汚染が酷い模様・・・従って、急斜面が原因では無く、この放射能汚染を隠す為に・・・慰霊碑の場所を別途設定したらしいのです。

ですから息のある乗客も・・・。(放射能汚染を隠す為?)



この放射能発信物体を隠す作業が完了した翌朝・・・墜落現場が発表されマスコミ各社も墜落地点に辿りついたとい言うわけです。


JAL123便には、米国にとって都合の悪い物質か人間が搭乗してことは明白であり、その有力説の一つが核兵器の北朝鮮への密輸だったと言われています。


事件後、一早く現場に駆けつけた地元消防団店の話では、墜落現場にロシア戦闘機のエンジン部分も落ちていた・・・と言われているのです。


御巣鷹の尾根で何が起きていたのか? ニュースは真実を教えてくれません?





スポンサードリンク






kage
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました