So-net無料ブログ作成

三重サミットの三重県はユダヤの三位一体から命名された? [国際情勢]



スポンサードリンク







三重サミットが5月26・27日に開催されるが・・・普通の国際会議・・・何んて思っていいたら大間違いなのです。(国際人失格)


何故、三重なのか・・・先進国を牛耳る組織の存在を知る上では非常に大事なことなのですが・・・その背景を知ると・・・過激派によるテロ等も想定されるのです。

【G7はイルミナティーの決起大会】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-08-1



◆三重は三位一体の『三』を取り入れた唯一の県名

【三位一体の三井が三井が牛耳る日本経済】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-04

【キリストと三柱鳥居】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-12-23-1

三重県の命名の起源には諸説ありますが・・・みな外れですね。

県名の『三』は非常に重要な意味があります。

伊勢神宮があるのも三重県・・・三位一体の三井の発祥も三重県・伊勢・・・これは偶然ではありません。



◆伊勢神宮にあるユダヤ・ダビデの星

ご存知の方を多いと思うので詳細説明は省くこととしますが、日本人・皇室の祖とも言われている天照がここに祭られています。


その伊勢神宮にダビデの星
伊勢神宮.jpg



◆元伊勢元伊勢と言われるマナイ神社にもあるダビデの星

今日の三重県伊勢市に移転される前の伊勢神宮は丹後の籠(この)神社にあったと言われており、元伊勢と言われています。

籠(この)神社の奥宮にマナイ(真名井)神社がありますが・・・そこにもダビデの星があるのです。

真名井のマナは消えたユダヤの三種の神器である『マナの壺』に起因しているとも言われているのです。


マナイ人jys.jpg



このように見てくるとユダヤ民族の為に作った県が三重県であり・・・日本の古代史の秘密そのものを受け継いだのが三重県・・・命名の起源なのです。


反ユダヤの急先鋒はイスラム過激派であり・・・今回三重サミットはユダヤ会議の決起大会の様相が強く・・・ユダヤの世界支配に従来通り協力しているのが安倍首相となるわけですね。


ですから・・・細菌兵器を含めて非常に危険が伴う・・・三重・伊勢志摩サミットなのです。




スポンサードリンク






kage
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました