So-net無料ブログ作成
検索選択

富士山噴火を画策している証が富士五湖に現れている真実? [地震]

9月12日に関東で結構揺れた地震
北緯  35.5度  東経139.8度 ・・・震源は東京湾と気象庁は
発表


10月7日の地震
緯度 北緯35.6度 経度 東経139.0度・・・富士五湖震源と
気象庁発表


これ・・・おかしくないですか?
地図の見方を余り知らない小生でも・・・これはおかしいですよね。



富士-1.jpeg





スポンサードリンク









【富士五湖を震源とする9月12日の地震】
0912.jpg



【人工地震・本当の目標は横田基地】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-09-12



【10月7日の富士五湖震源の地震】
富士五湖.jpg




発生時刻 2015年10月7日 16時46分ごろ
震源地 山梨県東部・富士五湖
緯度 北緯35.6度 経度 東経139.0度



◆狙われている富士山・そして前兆無しでの噴火もありえる?



御嶽山の噴火で、静岡県内では28日未明にも、富士山頂付
近などで降灰が予想される。
明白な前兆現象がないまま噴火に至った今回のケースについ
て、火山学者は「富士山でいつ同様の噴火が起きてもおかしく
ない」と声をそろえる。





スポンサードリンク








富士-2.jpeg



◆続々起きている富士山の異常な兆候


専門家の意見は別にして我々一般人から見ると・・・・異常・・・
と映る身近な事象が多々発生しているのは事実なのです。

変な専門家のコメントにより・・・『そうか? 関係ないのか?』と騙さ
れないように意識しておきたい異常現象の数々なのです。



●河口湖「六角堂」の水位異変・・・2013年3月、河口湖で水
面が急激に低下。


富士 六角.jpg


●「泉ヶ滝(いずみがたき)」の水枯れ・・・富士スバルライン5合目
登山道付近の水場・泉ヶ滝が、いきなり止まった。


●道路の地割れ・・・舗装された道路が陥没・・・随所で発生

●北東側「滝沢林道」の大崩壊・・・北東斜面の5合目へ通じ
る滝沢林道のアスファルト路面が300mにわたって大規模崩
壊・陥没。


●急速に進行する「大沢崩れ」・・・山頂西側の頂上付近から山
麓まで、富士山を真っぷたつに切り裂く巨大な溝「大沢崩れ」。


●幻の湖「赤池」が消失・・・青木ヶ原樹海の中に“7年に一度だ
け現れる”といわれる「赤池」。2011年以後、姿を消した。


・湖底の水温上昇・・・富士五湖全体の湖底の水温が上昇




◆富士山、2016年までに噴火する?・・・という説もある



3.11など多くの大地震を予測し的中してきた木村政昭・琉球
大名誉教授は、2016年までに富士山が噴火すると予測して
いる。



国の火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣としつぐ会長(東京大名
誉教授)が3日、BS日テレの「深層NEWS」に出演した。
「富士山はいつ噴火してもおかしくない状態。(パニックを起こさ
ないためには)避難計画を作り、それに沿った訓練が重要だ」と
述べた。




◆富士山噴火、火山灰で最大47万人避難

火山灰 30センチ以上で木造住宅が倒壊・・・屋根への加重
を軽視してはならない。



【桜島噴火と粉塵被害】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-03-08




◆富士山 周辺の地震回数


有感地震の発生間隔が 次第次第に短くなっている?

富士山は「監視下」にある。しかし安心はできない。最大の
問題は、最後の噴火が300年以上も前だったから、噴火の
前に何が起きたかが分かっていないことなのである。つまり、
小さな地震がどこまで増えたら、あるいは山体膨張がどこまで
進んだら噴火するのか、という限界が分かっていないことなの
だ。




と言う具合に・・・富士山界隈での人工地震と環境異変は確
実に発生しているのは事実であります。

しかし・・・そのような仕掛けをしたとしても・・・中々、噴火などには
至っていない我らが富士山ということなのでしょう。

今後もやみくもに危機意識を煽り、騒ぐのでは無く、万が一のの為
の家族の為のロードマップだけは頭の隅で描いておきましょうね。


kage
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました