So-net無料ブログ作成
検索選択

東芝事件はリーマン以上の経済危機を警告したのであるが・・・? [日本の習慣]

東芝の不正会計事件・・・本当に不正経理の事件なのだろうか? 国際経済に行脚するものとしては、報道されている内容は本来の意味を見失っていると・・・。

世界を牛耳るロスチャイルド系三井グループの中核企業の一社である東芝・・・上場廃止・・・論外です。東芝を潰すと言うことは国家の手足を切り落とすことと同じなのです。





スポンサードリンク







◆最新東芝の状況 (読売新聞様)


東芝は、不適切会計で確定が遅れていた2015年3月期連結決算について、週内にも発表する見通しとなった。

関係者によると、15年3月期の税引き後利益の赤字額は100億円前後とみられる。新たに判明した事例による過去の利益の修正額は合計でも100億円にとどかない見込みだ。

 東芝は、発表予定だった8月31日の直前、新たに会計処理で約10件の不適切事例が見つかったため、9月7日を期限に有価証券報告書(有報)を提出するとしていた。

室町正志会長兼社長は31日の記者会見で、7日までに有報を提出できない場合、「進退問題も含めて考えなければいけない」と述べた。これまで公表していた過去の利益の修正額については、「大きな差はない」との見通しを示していた。



◆東芝の属する国際組織

三井系であり国家の中枢・・・即ち、原発・宇宙開発等多くの国家プロジェクトに館よしている企業であり・・・衰退著しいSONYとは全く違うのです。

先にHSBC(香港上海銀行)を使って・・・世界へ景気低迷・・・株式市場の下落を通知したのです。

東芝もHSBCも共にユダヤ傘下の企業であり・・・HSBCと同様のサインを世界に発信したのが・・・東芝事件とみています。

そうすると無責任極まりない・・・ヤダヤの言いなりに動く・・・監査法人の対応も見えてくろのです。

世界経済は・・・復調どころか・・・リーマンショック以上の混乱期に突入する・・・と合図を世界の仲間に発信したのです。 東芝はその情報発信に利用されたのです。

【HSBCの大リストラ計画】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-06-10

【不正経理を黙認していた監査法人】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-07-16-3

年内には株式市場も18-19000円で落ち着くを見ていましたが・・・更に悪化する見通しとなった模様です。

今日の株安・・・小生は6月初旬より、あるニュースにより予測しておりました。

裏を取る意味でHSBCのニュースを待ち・・・株式下落の情報を公開したのです。

これが東芝事件の不思議な背景です。景気下降・・・間違いありません。

個人の方は・・・投資信託や株等、景気に大きく左右される投資からは一時的に引き上げることを強くお勧めします。(余り欲をかかずに・・・まず安全地帯へ避難)




スポンサードリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました