So-net無料ブログ作成
検索選択

桜島・あの気象庁が「大規模噴火の可能性か非常に高い」と言い切った恐怖? [地震]



兼ねてより危惧していた桜島ですが、気象庁は本日、『大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっている』として桜島の噴火警報レベルを4に引き上げました。

観光で有名な桜島の噴火でありますが、大正時代の歴史を紐解くと粉塵は東北でも観測されたという事実があります。


桜島.jpg


このことは、途中の大阪・東京にも桜島の粉じんね影響は出るということなのですが、今日のデジタル化時代・・・その影響は計り知れない規模に拡大する危険があるわけです。
詳しくは下記5月3日の記事をご参照下さい。


【桜島・・・カルデラ爆発の可能性】
http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/2015-03-08



◆桜島経過愛レベル4k概要




スポンサードリンク












鹿児島県の桜島では15日朝から島内を震源とする火山性地震が急増していて、気象庁は今後、規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっているとして噴火警報を発表し、桜島の噴火警戒レベルをレベル4の「避難準備」に引き上げました。


気象庁は昭和火口と南岳山頂火口からおおむね3キロの範囲にある有村町や古里町では避難の準備が必要だとして警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、桜島では15日午前7時ごろから桜島の島内を震源とする地震が多発しています。また、桜島島内に設置している傾斜計および伸縮計では、山体膨張を示す急激な地殻変動が観測されていて、変化は一段と大きくなっているということです。
気象庁は桜島では規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっているとして、桜島に噴火警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル3からレベル4に引き上げて有村町や古里町では重大な影響を及ぼす噴火が切迫していると考えられ、避難の準備が必要だとして警戒を呼びかけています。
.

鹿児島県が災害対策本部

桜島の噴火警戒レベルが4に引き上げられたことを受け、鹿児島県は午前10時15分に災害対策本部を設置し、情報収集にあたるとともに島の住民に注意を呼びかけることにしています。



スポンサードリンク







◆火山活動のメッカ

口永良部島や阿蘇等・・・桜島を取り囲むよううに火山活動が活発化していましたが・・・いよいよ桜島・・・という感じでしょうか?

保守で用心深い気象庁が、『大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっている』とまで言い切ったのですから・・・2週間以内にはほぼ確実ということでしょう。

風向きによっては・・・関西・関東にきますよ・・・粉じんの嵐が・・・。

kage


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。