So-net無料ブログ作成

徳島県には空海の八十八札所・剣山・阿波踊など日本のルーツが隠されている。

世界を驚愕させる可能性がある徳島県・・・元は阿波藩と言っていたのですが、江戸時代・・・徳川幕府が阿波藩にあるとされている国家の秘法(三種の神器)を真剣に探索したそうです。

「淡路島」も・・・「阿波への路」という意味で淡路島となつたことからも阿波、今日の徳島県は何かありそうな大変興味深い地域であります。

その結果、阿波藩に対して徳川家の「徳」の字を与えて「徳島」と改名したそうです。余程、貴重なお宝を発見したんでしょうね? その昔は、死国と言ってあえて人を近づけないようにしていた思惑もある場所なんです。何故、人を近づけないようにする必要があったか?・・・。


◆空海が巡礼八十八の札所

関東にも坂東札所というものがありますか本家は四国・徳島です。この巡礼は徳島県に限らず四国全体に分布していますが。その中心は徳島県なのです。

徳島に剣山という山がありますが、これがまた不思議な山で人工的に作られたピラミッドではないかと言われています。冒頭でご説明した徳川幕府による調査・・・これも実はこの剣山を調査したものだったのです。

この調査・・・宇野正実氏や猪木さん等多くの著名人も行っています。秘宝が眠る・隠された山という解釈です。

この剣という漢字もあの壇ノ浦の戦いで破れた安徳天皇の剣を奉納したことから剣山になったと言われておりますがその説は定かではありません。


◆阿波踊りはユダヤの神に捧げる歓喜の舞にそっくり

阿波踊り・・・頭の前で手をヒラヒラ・・・この踊りも実に不思議なのですが、ユダヤの痕跡を多々残す徳島・・・駐日イスラエル大使だったコーエン氏もそれを認めて真剣に調査した人であります。

この阿波踊がユダヤの歓喜の舞という説・・・これもユダヤ人である駐日イスラエル大使のコーエン氏も認めていることなんです。


◆天皇の衣装を作る忌部氏も徳島にある

天皇即位式の際にまとう衣装・・・これは忌部氏によって代々守られてきたものですが、この忌部氏・・・今日名で言うとあの三木首相の三木家が仕切っているのですが、その三木家もこの徳島の山中に在住しています。
ここでは日本で唯一合法的に大麻も栽培しています・・・勿論、皇室の儀式に使う為です。


◆邪馬台国も実は徳島だった

魏志倭人伝に記載されている邪馬台国への行程という記述があり、九州説・畿内説といろいろありますが、その中で「途中で水銀を産出する場所がある」という記述があります。

九州や畿内では発見されない場所なんですが・・・

大陸から日本に到着したら・・・豊後水道を南下し・・・四国の陸地沿に進むと徳島に到着し、その途中に水銀産出の地があり、最終的に剣山に到達するわけですが、このルートですと魏志倭人伝に記載されている行程とピタリと符号するという話なのです。(大くの研究家は興味を示すものの、歴史を変えるような見解を述べるわけにも行かず、この説は認知されない宿命の説として甘んじてはいます。)

この他、平家が落ち延びた剣山の麓のイヤ村なんていうのもありますぞっ・・・。

不思議一杯の徳島県・・・まだまだありますよ・・・因みに千葉の安房も実は四国の阿波からきているのです。


kage



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました