So-net無料ブログ作成
検索選択

映画失われたアークの三種の神器の秘密は日本の伊勢神宮にあった。 [歴史]

俳優ハリソン・フォードの操縦するセスナが墜落したそうですが、奇跡的に軽症で済んだと同時にゴルフ場に向けて操縦し墜落した為、被害を最少限に留めることが出来たと喝采を浴びているそうです・・・。(ヘリコプター等7機も持っている飛行機マニアとのことです。)

そこで 想い出すのが、彼をハリウッドスターにのし上げた映画 インディージョーンズ「レイダース・失われたアーク」 なのであります。

これは、日本とユダヤ人の関係、日本の起源と皇室にも及ぶ壮大なストーリーが背景に潜んでおり、単なる娯楽映画とは全く違うものだったのです。

 ◆映画タイトルの「失われたアーク」とは何だったかと言うと・・・。

1981年監督のジョージルーカスが手掛けた「レイダース/失われたアーク」という映画。実は、「失われたアーク」というのは、ユダヤ人が聖地エルサレムを追放?された時に持ち出した三種の神器というものなのです。世界を流浪している間にそれを失ったとされています。

それを題材にした映画があの 「レイダース/失われたアーク」 の「アーク」だったわけですね。主演したハリソンフォード・・・米国人ですからユダヤ民族のことも詳しい筈で、「失われたアークの秘密」は知っていたとは思いますが・・・どちらにしても意味深な映画だったわけです。

イスラエルの元駐日大使のコーヘン氏も随分日本に興味を持たれ、長野の守屋山(アブラハムが息子イサクをつれて行ったあの山=モリヤ山)や徳島の剣山(ソロモンの秘宝が隠されている山=人工ピラミッドとも言われている。)等を調査していました。

その結果、「ソロモンの秘法は四国・剣山に眠る」・・・と真剣にコーヘン駐日大使は仰っていました。このようにイスラエルでは今日でも「失われたアーク」を世界中で探しまわっているのが、実態なのです。

ユダヤ民族の三種のアークとは、 「マナの壷」 「アロンの杖」 「十戒の石版」 となります。

 ◆日本にもあるぞっ・・・三種の神器とお神輿

 日本のお神輿・・・これも起源が曖昧というか我々日本人には当たり前のように見かけるお祭りには欠かせないものですが、ある人に言わせるとユダヤ三種の神器の「石版を入れておいた」 「契約の箱」がその起源であると言われていのす。

良くテレビ ニュースでも出てくる映像に民衆がお神輿を海に担出し、陸(浜辺)へ上陸してくるものがありますが、これも古代に日本に辿りついたユダ人達・・・という光景が目に浮かびます。

 日本にも三種の神器(日本の秘宝)というものがありますが、ジョージルーカス監督やハリソン・フォードにも教えてあげたかったのですが・・・。(失われたアークは日本にあるよっ・・・・と。)

日本の三種の神器は、 ヤタ鏡 勾玉 草薙の剣 の三つを言いますが、ニニギが天照より授かった神寳 として天皇家に代々伝わる由緒あるものと位置付けられています。

伊勢神宮や熱田神宮に名前を変えて保存されているのです。

世界中で三種の神寳・・・これは、ユダヤと日本だけにある共通項目なわけですね。 これも不思議ですね。

 ◆ユダヤの失われた10氏族は日本に来ていた?

日ユ同祖論なる論文も出回っていますが、兎に角、日本の文化・風習にはユダヤ文化との共通点が余りにも多いわけです。有りすぎてここでは書きませんが・・・。 日本固有のカタカナの秘密を探ると・・・やはり・・・ユダヤのヘブライ語に辿りついてしまうのです。

先日のブログで公開した【さくら】の歌の中にある、「イザヤ・イザヤ」の部分とか、「江戸」 の語源もこの失われた10氏族の中の一つ・・・「エドム族」から来ているようです。江戸は単なる当のて字ということですね。

◆伊勢神宮の秘密

 式年遷宮とか佳子様の訪問等の皇室行事にも必ず出てくる伊勢神宮は天皇家とも大変深い関係で・・・ということは先の籠神社のところでも話ましたが、天皇家も実は・・・という推測も成り立ちますが・・・。

伊勢神宮の石灯篭にダビデの星が刻まれている・・・というのも何とも不思議というか日ユ同祖論を裏付けることに繋がるのかもしれません。伊勢神宮の親・・・というかその前身は、丹後の籠神社(このじんしゃ)で元伊勢と言われていますが、ここにも何故かダビデの星が刻まれているのです。

ハリソン・フォード主演の映画「レイダース/失われたアーク」 はそういう視点で観るとまた面白さが増幅するかと想いますか。

kage


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。