So-net無料ブログ作成

韓国政府・朴政権を転覆させることを決定した米国と日本? [サイン]

 唯一「南北の残る」韓国であるが、今までとは異なる変な動きが出てきている。真実を冷静に判断する費用があると思います。決して裏情報に傾いたいるわけではないのですが、国際情勢を踏まえるとやはり真実は隠された報道に終始しているように思えてならないのです。

 

◆100億ドル残っていたスワップ協定を停止した裏にある意図

これは、韓国ウォン等が暴落した場合、日本が通常レートで外貨を貸与するという実に親切な協定でありますが、昨今の韓国の横暴に業を煮やしたタカ派の安倍首相の意向で継続が見送られた・・・というのが一般論である。

てば韓国は、そのリスクヘッジをどこの国に求めるのでしょうか? これを画策して米国ですので、日本以上に厳しい対応を取る筈です。

◆パク大統領を諦めた米国

 世界中で未だに「南北」が残っている国・・・要は国家として認められていない国と米国は認識しているのですが、パク韓国は完全に勘違いしてしまったのです。禁断の全羅道の出身の初大統領・金大中を要して操作してきた米国でですが、 本流の慶尚道出身のパク大統領は今ひとつ、米国の意志を軽視し、ちぐはぐな行動で米国の信用を勝ち取るには至っていないのが実情だと思います。

最近では、パク大統領は禁断の中国に急接近し、「中国の植民地になれ」とまで言われたのです。それでも米日にソッポを向かれた韓国・・・中国に近寄るしか道は残されていないのです。

米国の言う通りに「日韓のスワップ協定を停止」 した日本ですが、韓国・パク政権を見限った米国の意図が見え隠れするのです。例によって遠大なお膳立ての一環として「竹島問題」も意図的に日本人の反韓意識を高める為の操作であったと推察する。

 韓国経済を根底から揺さぶる・・・携帯で有名なサムスンの欧米での告訴問題で莫大な損失を出すことはほぼ決定的・・・日韓のスワップ協定停止決定・・・北朝鮮の脅威拡大等を利用して韓国に大打撃を与えるのでしょう。

日本には地震で脅しをかける米国ですが、韓国にはより致命的な通貨問題に端を発した経済崩壊を画策しているのだろうといあう意図が見えてきますね。

韓国人のブライドが勝つか? 米国の植民地政策が勝利するか? 既にゲームは始まっています。冬季オリンピック? どこからか莫大な借金をしないと対処出来ません・・・あの国から・・・これも作戦の一つです。(日本では無い)

 

◆紛争急拡大を目論む米国

 韓国を見捨てた米国を前提とすると・・・北朝鮮が挑発を激化させる・・・中国が米国の意図を汲んで中国側に取り込む政策を拡大する・・・日本との新米国同士という関係を断ち切る・・・等の策に出ることが想定されます。

北朝鮮に乗っ取られる・・・とまでは言いませんが、同地域を表向き「緊張の最前線」 と位置づけたい米国・・・韓国は中国が北朝鮮に実質的に占領されると読んでいます。(経済的には中国の支配下になる可能性が大である。)

中国等の勢力拡大により、米国は表向きの緊張度を上げることが可能なわけてず。

プーチン大統領の BRICS 立上げも含めて、何ともきな臭い「北東アジア」 情勢なのです。イスラム国問題に世界の目が向いていめ隙に・・・いつもの手段ですので、北東アシア゛情勢に注意して下さい。

kage


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました