So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

渡辺謙が演じるNHK大河で演じる『島津斉彬』がユダヤ人だったと言う秘密? [歴史]



スポンサードリンク







◆2018年のNHK大河は、『西郷(セゴ)どん』 (スポニチアネックス様)

島津藩の最下級武士(百姓より貧乏)だった西郷・・・同じ貧乏村の出身に大久保利通がおり、大志を抱く貧乏侍の生き様は大変興味深いものです。


坂本竜馬や岩崎弥太郎も西郷達と同様に最下級武士だったのですが、そんな最下級武士達が作ったのが明治政府・・・今日の日本なのです。






スポンサードリンク








◆西郷の人物像


坂本龍馬は、西郷のことを「小さくたたけば小さく響き、大きくたたけば大きく響く男。もし馬鹿なら大馬鹿で、利口なら大利口だ」と言った。


またある人は「餅のような人」という。そばに来る人とすぐ共感し合って、並べて焼いた餅のように溶け一体化してしまう。昔の日本人でそんな人は西郷が唯一無二であり、「全てを飲み込む人並外れた感受性の男」であったという。


「決して聖人君子ではない。純粋な子どもそのものの面と、はかりごとを始めると悪辣(あくらつ)な事をいくらでも思いつく頭脳を兼ね備えている。しかし、西郷という個性の男をもってしなければ、新しい日本は生まれなかった」


その素顔は謎に満ちていて、肖像写真は一枚も残されていない。
今日の西郷像等は、弟の像であるとさえ言われているのです。



◆渡辺謙が島津斉彬役「恩返しさせてもらう機会」


俳優の渡辺謙(57)が来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)に島津斉彬役で出演することが27日、発表された。



この最下級武士である西郷や大久保を藩の中枢に引き上げたのが、今回、渡辺
謙(57)が演じる島津斉彬(しまず なりあきら)なのです。


大河出演は2001年「北条時宗」以来17年ぶり。1987年に主演した「独眼竜政宗」が大ヒットした渡辺は「俳優として基礎を育てていただいた大河ドラマに恩返しさせてもらう機会を頂きました」と張り切っており、注目される。




スポンサードリンク








◆島津の家紋は『くつわ』と言う十字なのですが・・・。



家紋.jpg



この島津斉彬・・・知識に貪欲であり、日本で最初に『大砲』や『蒸気船』を開発した人としても知られていますが、そんな研究開発に没頭した島津藩は財源不足・・・世間で言われる程。金持ちではなかったよです。


ですから江戸時代に禁止されていた海外との交易で金を稼いでいたのです。


この家紋は一般的に『丸にじジュウの字』といわれますが、家系の出自や家訓を家紋に反映させるの万国共通であり、島津藩の家紋である『くつわ』にもその経緯等を吟味する必要があるのではないでしょうか?


面白い真実の歴史と日本が見えてくると思いますよ・・・。


1. 丸に十の字の家紋には、十がありますが、キリストの十字と同じなのです。

2.更に英語でユダヤ人のことは、Jew・・・日本語で発音すると『ジュー=十』ともなるのです。


3. ですから東インド会社のユダヤ人・クラバーが坂本竜馬達を使って島津藩に接近したわけですが、そんなこと西郷は知る由もあります。

4.ハリウッドの映画界はユダヤ人が仕切っていることは有名ですが、そこで重陽された渡辺謙がユダヤの末裔である島津斉彬を演じるというのも偶然とは思えません。


謎の明治政府とそれに裏から関わっていたとされる島津斉彬の同行はも日本近代最大の秘密でもあるのです。


kage


思い出は永遠・・・とミックさん。
いろいろおもい出させてくれますよっ?


@ミック-Thinking
http://atmick.blog.so-net.ne.jp/
前の1件 | -